産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2017年4月24日
最終更新日:2017年5月2日

即効性ダイエットなら食事で痩せるが早い!!

食事管理をするダイエットは、一番即効性があるダイエットです。
口にするものから私たちの体は成り立っていて、カロリーや食材次第で太ることも痩せることも調整できるからです。

即効ダイエットなら「おにぎり」を食べると痩せる!?

おにぎりというと、炭水化物ですので一見太りそうなイメージがあります。
でも、実はこのおにぎりを食べることで痩せることができてしまうのです。
1週間、おにぎりとお味噌汁で一日3食過ごすことで即効ダイエットができます。
モデル時代に水着や肌を露出する仕事の前や体重が気になった時には、このおにぎりダイエットをして引き締めた時期もありました。

おにぎりで痩せるワケ

私たち日本人は、もともとの主食がお米です。
これは昔から食べられてきたものであり、体も慣れています。
結果、消化がしやすく脂肪がつきにくい太りにくい食材ということです。

即効性はあるけど持続性は?

私が過去に続けた期間は一週間でした。
やはり毎日同じものを食べ続けるのは飽きてしまいますので一週間が限度ではないかと感じます。
モデルをやめた今でも、お腹が気になったり体重が増えてしまった時には3日間限定で行ったりしています。
3日だけでも1キロは減っていきます。

食事制限ダイエットでも不満はないダイエット!!

このおにぎりダイエットも一種の食事制限ダイエットと思いますが、きちんと食べることができるので「食べたいけど食べれない」というストレスは少ないです。
そして、炭水化物を食べることで満腹感もあり腹持ちも良いため、余分なものを食べる心配も少なく済みます。
おにぎりダイエットは食事制限の中でも優秀なダイエットだと感じます。

モデル実践のおにぎりダイエット法

私は、毎食2個から3個のおにぎりを食べていました。
だいたい大きさはコンビニで売られているほどの大きさです。
これを一日3度の食事に食べます。
おにぎりの中身は、お好みで入れたり、ふりかけにしたりと気分で変えてください。

そのほうが味も変わりますし、自分の好きな具材が入ることでダイエットという苦痛をなくすことができます。
塩分はむくみを招く一番の原因ですので、極力少なくが理想です。
白米自体にはお塩を振るのは止めて白米本来の味を味わいましょう。

お味噌汁は飲んでも大丈夫です。
おにぎりとセットでいただいてください。
この食事内容を一週間続けます。
すると2キロは減っていますよ。

食べる即効性ダイエットだからリバウンドの心配もない!!

一週間続けたら、普段の食事に戻します。
でも、心配はありません。
食べて痩せたので普段の食事に戻してもリバウンドの心配はありません。
これが極端な食事制限のダイエットなら、食べたら増えてしまいリバウンドになってしまいますが、おにぎりを食べていたので痩せた体型をキープできます。

おにぎりダイエットこそ忙しいママにピッタリ!?

おにぎりはラップで握っておけば、いつでも食べられますので忙しいママにピッタリといえます。
小さい子供と一日中一緒にいるママは、子供にご飯を食べさせるのも大仕事です。
これが3回もあるわけですから、ママは大変です。
でも、子供の機嫌の良い時にパパッとラップでおにぎりを作っておいて、好きな時に食べられるのは好都合ではないでしょうか。
お腹も満たされて体型も満たされたら一石二鳥です。
そんな即効性ダイエットなら楽しく続けられそうではないですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。