産後太りのママダイエット|元モデルが産後太りのママダイエット成功の秘訣を伝授します。産後に体型が戻らない、太ってしまった原因は普段の私生活にヒントがあります。元モデルが産後太りでお悩みのママにダイエットの方法を紹介していくブログです。
公開日:2017年1月24日
最終更新日:2017年3月16日

頑張ってダイエットを意識していても太ってしまう時ってありますよね?

冬は寒いですし、動く量がどうしても減りますので、その分カロリー消費せずに、ついついおやつを食べてしまったりで太ってしまった!!って時ありますね。
また、お友達と会うことが多かったり、外食が多かったりすると、つい嬉しくて食べてしまい体重のコントロールができなかったりすると増えてしまう時もあります。
でも、それは仕方ない♡
楽しい時間を過ごしたから、そのことは後悔せず、前向きに気持ちを持っていきましょう。
後の対処法をしっかりすれば短期間で増えた分は一気に戻すことができます。
モデルも一気に体を絞ることは仕事上よくあることなので、ストレスなく減量する方法を知っています。

短期間で戻す簡単な減量法とは

食事制限するのでもなく、きつい運動をするのでもないんです。

痩せるということは代謝を上げれば簡単に体が働いてくれる

ダイエットに重要な基礎代謝。
これが低かったりするとせっかくのダイエットも成果が出ませんよね。
ダイエットとは、代謝をいかに簡単に上げて体を痩せる方に働いてくれるかによって違いが出ます。
つい太ってしまった体重を戻す方法として、モデルは、食事をたくさん摂ります。
普段は3回のところを5回や6回に分けて食べます。
でも量を間違ってしまうと、食べ過ぎの原因になってしまうので、量は、普段食べている量を小分けして、ちょこちょこ食べていきます。
モデルは、そんな時おにぎりを作っておいて小腹がすいたら少しづつ食べていくようにしていますよ。
おにぎりならラップで握って、作り置きしておいて好きな時に食べれるし、あらかじめ小分けしているので余分な量を食べ過ぎるという心配もなくなります。
また、冷えたご飯には、脂肪を燃焼する効果があるのでダイエットしたい方には嬉しい効果です。

回数を増やすと痩せるワケ

ダイエットには代謝が重要ですよね。
代謝とは、体の脂肪や余分な老廃物を排出するエンジンの役目をしますので、この大事なエンジンが動きが悪いと車も動かないように
体も代謝が悪いことで体内の排出しなくてはいけない動きが鈍ります。
車ではガソリンが必要なように、体内のエンジンを活発にさせるためには食事が必要です。
ダイエットは食べないことが痩せるというイメージがありますが、これはリバウンドしますし、食べないということのストレスは大きいです。
なので、食べて代謝を活発にし体自体を痩せる方向に動かしてあげることで勝手に痩せる体質に体がしてくれ簡単に痩せていくのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーで活動する。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗を得て体も心も壊し、食べて痩せるダイエット法に改善し産後の今もモデル時代からの体型維持に成功。 現在は、2007年生・2013年生の2人の男児の子育てシングルマザー。