子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年8月13日
最終更新日:2018年6月30日

スポンサーリンク

人が集まる時や連休に食べ過ぎた!太らないための食べ過ぎリセット法。モデルの対処方法

食べ過ぎ
人が集まるときや、連休での家族でお出かけしたときなど、ついつい楽しくて嬉しくて食べ過ぎちゃった・・・、後悔することってありませんか?
食べ過ぎた翌日は、やはり体重が増えていることが多いのですが、増えた分のほとんどが水分です。
どのようにすれば、食べ過ぎても太らずにいられるのでしょうか?
食べ過ぎた翌日からが、太らせない勝負期間です。

食べ過ぎた分はむくみで体重が増えるだけ。2日間でリセットすれば太らない

つまり、むくみで体重が増えただけなのです。
体重が増えているからといって、前日に食べたものがすべて体についてしまったというわけではないので、あ~太った・・・とショックを受けずに今後の対処法で、うまく調整をしましょう。

食べ過ぎたと思ったら、後2日間で調整し対処すれば、脂肪を溜め込まずに体型維持ができます。

知ってますか?食べたものが脂肪に変わる太る期間

いつ脂肪に変わるの
食べた物は、いつ脂肪に変わるの?
それは約2週間後です。

食べた物のカロリーは、その場で燃えてしまうカロリー以外は、腸に入ってエネルギーとなります。
そして食べ過ぎた分は、糖分となり肝臓に蓄えられます。
この蓄えている量が多過ぎると、脂肪へと変わってしまいます。

ですから、肝臓にあるうちに燃やしてしまうのが太らない方法なのです。
食べ過ぎたら後2~3日で調整すれば太らない
食べ過ぎたら、後の2、3日が勝負です!!
食事の量を減らすなり、運動するなりして調整をしましょう。

スポンサーリンク

断食はしない食べ過ぎ対処法!食べ過ぎた日の翌日にすると良いモデルの食べ過ぎ対処方法

食べ過ぎた体の中には、しっかりとエネルギーが蓄えられています。

ダイエットをしていると、普段から体に必要な栄養が摂取できていないことが多く、体は必要な栄養を蓄えようとします。
決して、断食などハードな食事制限をするのではなく、食べすぎた翌日には食物繊維の多い野菜を中心に食べることで、余分な脂肪や老廃物を排出することをします。

食べ過ぎた翌日のむくみを解消したい!即効むくみ改善法

食べ過ぎた翌日には、体がむくんでいることで、体重が増えています。
楽しい時間を過ごすと食べ物だけでなく飲み物も多く飲んでしまい、体がむくんでしまいます。
カリウムの多い野菜や果物
このむくみを解消させるには、いつもよりも多めに野菜や果物を食べることです。
野菜や果物には、体の水分(むくみ)を改善する成分、カリウムが多く含まれています。

そのため、むくみを感じやすい食べ過ぎた翌日には重要な成分です。

塩分過多もむくみの原因

また、楽しい食事では味の濃いものを食べることが多くあります。
塩分の摂りすぎはむくみに繋がる原因ですが、カリウムは体の中の塩分を排出する働きがあるため、翌日には積極的に摂取したい成分です。

食べ過ぎた後だからこそ痩せる!代謝を上げる超簡単方法

食べ過ぎて溜まってしまった老廃物を排出するためにも、水を多めに飲むことを意識しましょう。
血流が良くなるので代謝が促されます。
一度にガブガブ飲むのではなく、コップ1杯程度の水をこまめに飲むことがポイントです。
目安は1日で10杯程度です。
代謝を良くする白湯
冷えた水だと体を冷やしてしまうので、胃腸にも負担がかかります。

飲むだけで代謝が上がる方法

白湯がおすすめです。
白湯はカラダを温め代謝を上げたり、胃腸の働きを促進させてくれます。
食べ過ぎた後ですから、特に胃腸の働きを活発にさせることも、大事なことです。

食べ過ぎたもの自体を控える

食べ過ぎたものを3日間程度は控えることでバランスを整えます。

もし甘いものを食べ過ぎてしまったら、翌日からは甘いものを控える。
脂っこいものを食べ過ぎたら、翌日から油物は控える。
このようにしてバランスを整えることがリセット法のポイントです。

食べ過ぎた後は、お肉よりも魚を選ぶ理由

脂肪燃焼できる魚
食事のメインには、お肉より魚にしましょう。
お肉よりも魚の方が脂質が少なくヘルシーですし、魚に含まれているEPAには脂肪燃焼を促してくれる働きがあるので、食べ過ぎた後の食事にはおすすめです。

EPAが多く含まれている魚は、いわし、マグロ、サバ、ブリ、サンマです。

スポンサーリンク

楽しかった時間、嬉しい時間を無駄にしないために!

ついつい楽しくて、嬉しくて食べ過ぎてしまったことを、後悔するとダイエットの逆効果になります。
食べ過ぎを後悔すると、逆にそのことがストレスとなり、痩せにくい体となります。
ダイエットストレスを溜めない

楽しかった時間を後悔せず前向きに太らせない対処法を!

そのため、楽しい時間を過ごしたことを、これからのダイエットの励みにすることが大切です。
考え方を前向きにすることはダイエットを成功させる秘訣です。

そのため、ストレスを溜めないこともダイエットのコツです。

大幅減量ダイエット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。