子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!
公開日:2017年3月23日
最終更新日:2017年12月20日

ほとんどの女性が興味あるダイエットトーク!確実に成功させるには?

温かくなってくると着ている洋服も薄着になり、体型を気にしだす季節です。
特に春は、冬の厚着から薄着にガラリと変わるので、気になる方が増える傾向があります。
そして春からダイエットを始めれば肌を出す夏までには、ダイエット成功しているだろうと逆算をしてダイエット開始する方が増える時期です。

ダイエット成功する人と失敗をする人の違いって何!?

ダイエットをするうえで理想的な減らす体重は1か月1キロです。
一気に減らしたい気持ちはとっても共感するのですが、実は一番リバウンドしやすい方法だったりします。

ダイエットって車と似てる!?

ダイエットは車と同じだなと思っています。
車は、エンジンを入れて走ります。
子供がいると特に移動で大活躍してくれる便利な車。

アクセルを強く踏めば、スピードアップします。
その分、エネルギーを使うのでガソリンも早く減っていきます。
これはダイエットでいうと、食事制限したりハードな運動をしたときにあたります。

でもどうでしょうか・・・車もスピードを出して走っていると目が疲れたり肩が凝ったりと疲労が出てきます。
高速道路が想像しやすい例でしょうか。
追い越し車線ばかりで走っていると疲れも出ますし、危険も伴います。

ダイエットも常に全力で突っ走っていると、結果はすぐに出ますが、体も心も疲労が出てきます。
この疲労というのは、食事制限による食べたいのに食べれないストレスやハードな運動で筋肉の疲労です。

ダイエットは終わりたい!ずっと車のように走り続けることは難しい・・・

そうなんですよね。
ダイエットは期間限定で行うからこそ、本気で頑張ろうって思えます。
これには、『成功』という終わりがあるから。
だから車のようにずっと走り続けるなんて、苦痛です。

結果を出すには、常に走り続けていないといけない・・・という思い。
でも私のまわりのモデルさんたちは食べることが好きですし、みんなたくさん食べます。

今、車もエコな時代です。
ダイエットもエコで突っ走るダイエットは終わりにしませんか?

突っ走るダイエットではなく最初からダイエットって考えない!

食事制限などをして痩せようとすることで、ダイエットという言葉がついて回りますが、最初から食事制限もハードな運動もしなくて体型を変えることができたら、終わりも始まりもないダイエットの言葉もいらない生活が送れます。

『リバウンド』という不安を取り除くために、余分なストレスを持たないためにも、食べて痩せる習慣を。
食べて痩せることができれば、リバウンドの不安も最初からないですし、常に「太る」というストレスも発生しません。
食べて痩せることこそ、リバウンドのないダイエット成功への方法だと思います。

痩せたい!!と思っている時って実は簡単には痩せてくれなくて、もういいかな~なんて思っている時ほど何もしていないのに減っていく時があります。
これって妊娠の時も同じではないでしょうか。
子供が欲しくて欲しくって思っている時ほど妊娠しなくて、これはタイミングだし~とのんびり構えているとすぐ妊娠したり。
こういうタイミングってあると思います。
ダイエットも頑なに痩せたい!!と思っているよりも、一日だけでも忘れてしまったほうが、実は効果的なダイエットかもしれません。

もし、食べることが怖いと感じている気持ちが少しでもあったのなら、一日だけでもダイエットという枠を外してみませんか?
その一日だけは、食事を楽しむことに徹します。
そうすることで、気持ちの面で必ず変化が訪れます。

食べることの幸せ・楽しさ・家族みんなで囲む暖かな食卓。
いつも通りの生活かもしれませんが、実はとびっきりの幸せなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中の簡単な方法でママのダイエットで10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。