子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2016年11月21日
最終更新日:2018年3月25日
large61

スポンサーリンク

運動なしでも痩せられる簡単モデルダイエット方法

食事制限や運動なしでも、毎日の生活の行動を少し見直しすることで簡単にダイエットはできます。

そしてモデルは毎日意識して取り入れています。
その意識することとは、姿勢です。

椅子に座っている時、電車やバスを待っている時、あなたはどんな格好でいることが多いですか?
猫背や片方に体重をかけて斜めに立ったりしてはいませんか?

それこそが、もったいないポイントです。

姿勢をよくすることで簡単に痩せやすい体にしてくれる

・背筋を伸ばすことでお腹にも力が入り、お腹すっきり
・姿勢を正すだけでも前進に力を入れるのでエネルギー消費
・ヒップアップ
・全身を正しい位置にしていることで血行が良くなるので、老廃物排出されやすい

スポンサーリンク

モデルのダイエット習慣は正しい姿勢。モデルの姿勢とは?

正しい姿勢とは、左右の重心が均等であるということです。
まず、鏡の前に立ちましょう。
そして自分の肩の位置や耳たぶ、くるぶし、膝が同じラインにあるかどうか見ましょう。
そして同じラインになった姿勢をキープします。

ポイントとしては、肩甲骨の下あたりを前に突き出す感じを意識します。
胸を張るという表現がありますが、腰が極端に反ってしまい、腰痛の原因ともなりますので、肩甲骨下と覚える方がよいかと思います。

また、壁を使ったやり方だと、後頭部・肩甲骨・おしりの3点が自然に壁につく姿勢が正しい姿勢です。

スポンサーリンク

座ったときのモデルの姿勢をマスターして座ったままでも痩せ体質へ

ついつい、脚を組みたくなりますね。
でもご注意を。

脚を組むことで、骨盤が歪んでいき、左右のバランスが崩れてしまいます。
背中が丸くなりがちですが、そこは意識して背筋を伸ばすことを心掛けましょう。

姿勢を正すことが一番の簡単ダイエット

よくウォーキングの先生がおっしゃっていました。

「いい姿勢をキープしておくことが一番のダイエット」

人間の体は、内臓など体の前側にあるため常に前方向に重みがかかっています。
そのため猫背が楽となってしまうのです。

でも、楽=筋肉を使っていないということです。
筋肉が使われていないということは、代謝が悪くなり脂肪が溜まっていきやすいです。

悪い姿勢の代表格『猫背』は脂肪の大好物と頭の片隅に置いておくとハッと姿勢を正すことができますよ。
姿勢が正されると、体の負担がなくなり楽になります。
最初はしんどいと感じるかもしれませんが、一度身に着ければ自然と正しい姿勢をキープできますし、疲れにくく、印象も気分も晴れやかです。

ピシっとした姿勢をするあなたは周りからみるとカッコいい♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。