子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年9月25日
最終更新日:2018年4月6日

スポンサーリンク

ダイエットをする理由を決めるとダイエット成功しやすい

太った原因
ダイエットをスタートさせる時には、絶対に痩せると心に誓う人がほとんどではないでしょうか。

お気に入りのズボンが入るくらいお腹を引き締めたい、何日のイベントまで何㎏痩せたいといった、はっきりした目標を立てる人もいます。
逆にダイエットをしようと思ってはいるものの、体重をどの程度減らせば理想の体型になれるものなのか、体のどこを細くしたいのか、うまくイメージできないという人もいます。

ダイエット方法について

ダイエットが成功すると、自分の見た目がどうなるかを、明確に想像できるという人はいません。
絶対に痩せるといっても、体重を少なくすることだけを考えるならば、やりようはいくらでもあります。

食事制限をして摂取カロリーを減らして、過激な運動をして消費カロリーを増やせば、理屈上では体重は減ります。

リバウンドの少ないダイエット方法を選択しよう

無理なダイエットはやめましょう
世間に知られているダイエットを実践してみるだけでも、体重を減らすこと自体は難しくはないでしょう。
健康状態を悪化させるような強引なダイエットをしていると、結果的に体を壊してしまうこともあるといいます。

強引な方法でダイエットをすると、具合を損ねたり、リバウンドが発生するリスクは、相当高くなります。

スポンサーリンク

ダイエット成功させるなら自分のタイプを知ろう

ダイエットを成功させ、かつリバウンドが起きないようにするためには、自分が太っているならばその理由を突き止めることが第一です。

自分に合うダイエットを発見するために、まず、自分の体型や生活習慣について分析しましょう。
流行のダイエットに飛びつくのではなく、絶対痩せることを願うなら、焦らずまずはその一歩手前に時間を割いてみることが大切です。

太ってしまった原因について

ダイエットする理由
どうして太ったのかを突き止めることが、絶対痩せるためには欠かせません。

ダイエットのやり方を決めかねている人でも、太った要因を考えるという人はごく少数です。
ですが、この太った原因を考えることで、改善することができるので、一気に痩せることも可能になります。

スポンサーリンク

水太り?脂肪太り?太る原因でダイエット方法は異なる

水太りなのか、脂肪太りなのかを知るだけでも、ダイエットでとるべき方法は全く違うものです。

水太り解消ダイエット

水のせいで太っている人は、何をしたことで水太りになったかを考えてみてください。
水太りで太っているという人でも、水を飲まなくなればダイエット効果が得られるのかは、必ずしも一致していません。

本来は、体外に排出されるはずの水が体内にたまってしまう原因まで考えなくてはなりません。
体外へ出さなければならない水分が、体内に溜まっていることで、むくみとなり、それが蓄積されていき、水太りとなります。

睡眠ダイエットでむくみを簡単に改善

睡眠ダイエット
不規則な生活習慣で寝不足の場合、うまく体の巡りがされないことがありますので、睡眠時間を多めに摂ることで改善されることがあります。

運動不足で起こるむくみ

または、運動不足でもむくみやすいです。

その場合は、エスカレーターだったところを、階段に変えてみたり、お家の中でもつま先立ちをし戻すといった、ふくらはぎの刺激運動を加えたり、近くのスーパーなら自転車ではなく、歩いて出かけるなど、普段の生活スタイルでも変更できる部分から、少しづつ体を動かせるように変えていけるといいですね。

脂肪太り燃焼ダイエット

体脂肪量が多すぎるという人は、脂肪の燃焼を促進するために運動量を増やしたり、カロリー摂取量を減らす必要があります。
一言で脂肪といっても、筋肉の間にある脂肪か、皮下脂肪かで、適切な燃やし方は違いますし、効率的なダイエット内容も違います。

「体脂肪」とは体の表面(皮膚)に近いところについている「皮下脂肪」と、内臓の周辺など体の深いところにつく「内臓脂肪」に大別されます。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて蓄積しやすく落ちにくいので、厄介なものです。

体脂肪が付きやすい食生活とはどのようなものでしょう?

脂肪分の多い食事内容

脂肪分の多い食品は当然ながら、それ以外にも体脂肪の原因はありそうです。
体脂肪は、摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスがくずれることが原因です。
良く知られている油を使った高カロリーな食事はもちろん太りやすいですが、糖分が多いお菓子も注意が必要です。

脂肪燃焼効果がある飲み物で簡単ダイエット

また、ちょっと休憩時に飲みたくなるコーヒーなどのカフェインを摂取すると、脂肪の代謝がよくなります。
コーヒーや紅茶、また緑茶の中では、特に玉露には多くカフェインが含まれています。

ですが、カフェインは体を冷やしやすい飲み物ですので、飲んだ後は、白湯を飲むことをおすすめします。

食物繊維が豊富な食事で脂肪を排出

食物繊維の多い食事
体脂肪が増えないようにするためには、高カロリーな食品を食べ過ぎないといったことは当然ですが、脂肪の排泄を促進する作用のある食物繊維を豊富に含んだ食品を積極的に摂ることなども大切です。

運動で脂肪燃焼

体脂肪を落とすのに有効な運動にはウォーキングなどの有酸素運動がありますが、基礎代謝を増やすためにも適度な筋肉をつけることも大切です。
この有酸素運動は、酸素を十分に取り込むことで血液中の酸素が増え、効率よく脂肪が燃焼されるようになるからです。

効率よくダイエットを成功させるためには

どういったダイエットのやり方をすればいいかは、太ってしまった原因と関わりがあります。
絶対痩せる方法を知るには、まずは自分の体を知ることが大切と言えるでしょう。

いきなり今までの生活スタイルをかえることは難しいですが、できることから少しづつダイエット生活へとチェンジできるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。