子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年9月21日
最終更新日:2018年4月6日

スポンサーリンク

食事回数とダイエット成功の関係

食事回数と時間
ダイエットでは食べ方が大事ですが、食事の量を少なくすれば痩せるという話ではありません。
スリムなスタイルを武器にしている芸能人やモデルの中でも、食事はしっかり食べているという人はたくさんいます。

何度も食事をしていたら、大食い状態になって体脂肪が増えるというイメージを持つ人もいますが、実は回数に痩せる方法が潜んでいることがあります。
食べ方を考え直すことで、よいプロポーションで居続ける効果をもたらすことができるといいます。

なぜ食事回数を多くすると痩せるのに効果的?

なぜ食事回数を増やすと痩せるの?
なぜ、1日に何回も食事をするのかというと、食事の回数と血糖値が深くかかわっているのです。

なぜ食事回数を増やしたら効果的なのかというと、人間は食事をすると代謝が上がります。代謝が上がると言うことは体脂肪が燃焼しやすくなりますよね。
食事回数を増やせば、それだけ多く体脂肪燃焼を促す効果を得られるのです。

ダイエットには食事の空き間隔が関わっている

一般的に1日に3回の食事をする場合は、朝と昼と夜になるので、だいたい食事と食事の間が少なくとも6時間から8時間前後の空き時間があります。
長時間にわたってものを食べない時間が続くと、人体は飢餓状態に陥って、空腹を強く感じるようになるだけでなく、脂肪を蓄積しやすい体質になります。

必要以上に食べてしまうのも、空腹が長く続いた時に多いといいます。

スポンサーリンク

食べながら痩せていく方法

一定時間、何も食べないでいると、血糖値が低くなります。血糖値が下がっている時に物を食べると、急激に血糖値が高くなる影響で、脂肪が生成されやすくなります。
食べながらダイエット

少量をこまめに食べることがダイエットには効果的

ダイエットに適した食事をする時は、少しずつの食事、ちょこちょこ時間をつくって食べるという食べ方にするといいでしょう。

食事をする回数を増やすことで、食間が短くなり、それほど血糖値も下がらずに安定しているので、食べすぎになる事も少ないわけです。
食事の回数を増やしつつ、1回の食事で食べる量は少なくして、バランスの良い食事を続けることができれば、きっと痩せられるはずです。

ダイエットに理想的な食事回数と時間

食事回数を増やす場合、理想的な食事回数は5~6回とされています。これは5~6回に分けることで、3~4時間おきに食事をすることになります。

一般的に食事を摂った3~4時間後に代謝が低下し始めるので、代謝を高く保つためにも3~4時間の間隔で食事を摂るのが本当は理想的なのです。

スポンサーリンク

ストレスを感じないダイエットなら食事回数を増やすこと

食事制限はストレス
ダイエットというと、どうしても食事の量を減らすことが一般的ですが、そうすると問題が出てくるのがストレスです。
空腹や思うように食べられないことへのストレスは、極力なくしたいですよね。
ですから、食事回数を増やすことで、食べられないことへのストレスをなくし、心地よくダイエットを行いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。