子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年1月13日
最終更新日:2018年4月16日

スポンサーリンク

育児中のママは簡単に痩せるダイエットがしたい

体質改善ダイエット
ダイエットの手段の一つに体質改善があります。
子育て中のママは毎日忙しく自分時間が確保できにくいため、生活しながら簡単に痩せていくダイエット方法が一番ですね。

痩せ体質に改善するとダイエットも簡単

その簡単なダイエット方法として、体質改善をする方法があります。
ダイエットの成功には、体質改善が重要な鍵を握ります。

体質改善ダイエットとは、何をして体質を変えていくのでしょう。
子育てママが子供優先の毎日を過ごしながら、ママは痩せられる体質改善ダイエット方法の3つの生活習慣をご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエットは食事が9割!体質改善に重要な食生活

体質改善のためには、まず、食事の内容を見直していくことです。
毎日食べているものを変えることで、体にはかなりの変化になります。

実は、私たち日本人は欧米の人達よりも遺伝的に痩せやすいようにできています。
古来からの食習慣によって、日本人は太りやすく、痩せやすい遺伝子をつくってきています。
なぜ痩せやすい遺伝子なのかは、日本人の昔からの食生活にあります。
私たち日本人は、古くから野菜や海草などをメインとして食べていた食事は太りにくいものです。

ですが近年では食生活が、肉を乳脂肪を多く摂取する欧米スタイルにシフトし、体質が変わった要因があります。
最近は肥満と診断される人が、日本で増えています。

体質改善の生活習慣①

痩せやすい食事
ダイエットのために食事を減らしていると、人の体は危機と感じ、エネルギーの無駄づかいをやめようとして、太りやすくなります。
ダイエットに必要な、代謝を活発にする機能も、結果的に下がってしまうのです。
間違ったダイエットをしたせいで、肥満になりやすい体質にもなってしまうのです。

体に良く、ストレスを感じることなくスムーズにダイエットをするためには、まず体質改善を行い、脂肪を使いやすくなることが、ポイントです。
それは、どのようにしたらいいのかというと、単に摂取カロリーを減らすのではなく、体に必要な栄養を確保し、適量を摂取することで、結果的にダイエットにも効果的な体質改善が可能になります。

和食を食べていると太りにくい

ただ単に食事の量を減らすだけではなく、栄養バランスを考え不足しがちのないように心がけることが必要です。
一番日本人の体質に合う食事といえば、やはり和食です。

古くから食べられてきた日本食は、私たちの一番体に馴染みやすく消化もしやすい料理なのです。
また、和食では油脂を含む料理や調理法が少なく、栄養バランスも優れています。

体質改善のための生活習慣②

ダイエットを意識せずとも、体質改善を行うことで体重が徐々に減っていくものです。
顔や手足がむくんでみえることがありますが、これは不要な水分が体内にあるためです。
ダイエットは、むくみやすい人は効果が出づらいです。

体内の塩分が多すぎたり、疲労を引きずっているとむくみやすくなります。
体質改善によって、体内に貯め込まれているいらない水分を排出することができれば、むくみが出にくくなり、ダイエットをしやすい体質になれます。

毒素を排出しむくみ改善するには水を飲んでデトックス

そこで、水を飲んで代謝を高め、体質改善の影響によって体重を減らしていけます。
特別にダイエットを意識せずに痩せていくためには、水分補給をきちんとすることも大事です。

水分を摂取することで、体質改善をし体に溜まった毒素を抜く効果もあります。
毒素は、人工合成化合物や、過剰にとった栄養などです。
体内に取り込まれたエネルギーを燃焼させるためにも、毒素は排出すべきです。

体の中にいつまでも残っている毒素を大概に出すために、ミネラルウォーターを意識して飲むようにします。
毒素や有害物質を体の中にあるままにしておくと、様々なよくない影響が出ます。
浄水ポットブリタ
水道水を飲むよりは、ミネラルが豊富なミネラルウォーターを購入し、飲むようにするといいでしょう。
ダイエットを成功させるためには、むくみ体質を改善し、新陳代謝がよくなるように体質改善をすることです。
ミネラルウォーターを買うよりも、私は浄水型ポットを使っています。
BRITA ポット型浄水器 アルーナ 2.4Lは浄水スピードも早く、量を気にせずに飲むだけでなくお米を炊くときの水にしたり野菜を洗ったりもできて、とっても経済的でお勧めです。

適度な水分を摂取することはダイエットにいいことはもちろんですが、体質改善は健康にも役立ちます。
血流がよくなり、体内をリンパ液が巡りやすくなりますので、毛細血管にまで栄養素や酵素が届けられます。
体を維持する機能がきちんと動くようになりますので、健康になれます。

体質改善のための生活習慣③

私たち人間は、元々体内時計という機能が備わっています。
その機能を思う存分使って体質改善をします。

体内リズムを整えて代謝を上げる

1日24時間というリズムの中で、睡眠・行動などと自然に整えられているのは、体内に備わっている体内時計のおかげなのです。
そして太陽の光は、体内時計を正常に働かせ、代謝を上げ食べ過ぎを防ぐ働きをしてくれるのです。
朝日を浴びて体内時計を整える
朝起きたら、カーテンを開けて体全体に朝日を浴びて、自然と代謝が上がるようにしましょう。
太陽の力を存分に使って体質改善です。

スポンサーリンク

ママのための痩せるための体質改善方法で効果的なコツ

私たちは毎日食事をして、体を動かし生活をしています。
そしてダイエットも食事が9割を占めていて、食べて痩せることがリバウンドもしにくく健康的に痩せられる方法なのです。
食べるだけでどんどん痩せるという夢のような食品は、世の中にあるものなのでしょうか。

ダイエット食品を扱う店は多く、通販やドラッグストアのダイエットグッズの販売ブースは、様々な商品が並んでいますよね。
痩せるためのダイエット食品も販売店では取り扱われていますが、ダイエット食品の特徴は、低GI食品です。
この低GI食品とは、低GI食品とは、血糖値の上昇スピードがゆっくりな食品のことを意味し、ダイエットに適した体重を減らしやすい体質になるための食品だと言われています。

でも、ママだけ特別にこの低GI食品を毎日食べるには、金銭的負担が大きいです。
特に今後、教育費にお金がかかってくる私たち子育て世代です。
血糖値について知っておくことが、毎日のママの食事にとって大切なことです。

食べながらダイエットするためには

食事から得た糖は、一時的に人間の体内の血糖値を高めていきます。
食事によって上がった血糖値は、体から分泌されるインシュリンによって正常値にまで下げられます。
インシュリンは、血糖値を下げる時に脂肪を増加させる作用があります。
インシュリンが多く出れば出るほど、脂肪も増加すると考えましょう。

痩せるためには、血糖値が急激に上がらないように心がけることが重要になります。
特別に低GI食品を購入しなくても、普段の食卓に並ぶメニューから、少し工夫をすることで、痩せるための体質改善に役立ちます。

食べ順ダイエットで食べても太りにくく健康的に痩せる

食べ順ダイエット
食べ順を守りましょう。
一番最初は、汁物から体に入れてゆっくりと血糖値を上げていきます。
そしてサラダや野菜類→メインのおかず(肉・魚など)→ご飯類というように血糖値をゆっくりと上げていくことで、普段のいつものご飯も太りにくいダイエットご飯と変わります。

ダイエットとは、急激に体重を減らす行為でのことではなくて、毎日の積み重ねから変化をさせていくものです。
毎日の生活習慣にほんの少しダイエットのエッセンスを加えるだけで、自然と痩せやすい体質になり、体質改善することができるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれで現在は名古屋市在住。 15歳の頃、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動を始める。 23歳で結婚するまで、主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 26歳で長男を出産後は、食べながらダイエットでダイエット成功するが、2人目出産後は産後太りに悩む。 母乳育児しながら時間も体力も使わない育児中ママの簡単ダイエット方法で10㎏減量のダイエット成功。 DV&モラハラ夫と離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザーで子育て奮闘中。