モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年8月25日
最終更新日:2017年8月31日
スポンサーリンク

ママになると痩せにくい二の腕・・・何とか細くしたい

二の腕痩せ
二の腕のたるみを気にされる方は多いと思いますが、とてもたるみやすい場所なんです。
そして、二の腕は子供を抱っこするママにとって太くなりやすい箇所であり、ダイエットをしても、なかなか引き締まりにくい難しい部分です。
それは、食事制限による減量を行っても二の腕が細くならないからです。

ダンベルを使ったエクササイズがあったり、二の腕を細くするエクササイズはたくさんありますが、できるだけ道具も使わず簡単に細くしたいですね。

私が実践している二の腕の簡単エクササイズはこちら!ママのための簡単部分ダイエット法

①まず、腕を後ろに伸ばします。
この時、腕が曲がらないようにまっすぐを意識します。
二の腕エクササイズ
足は肩幅くらいに広げる方が実践しやすいです。
手のひらを天井に向けるようにします。

②そのまま腕を上へ上げます。
この時ひじが曲がらないように注意しましょう。
二の腕の力こぶができる側ではない、ぷよぷよした側の筋肉を意識します。
少し痛いような感覚があるのが、効いている証拠です。
二の腕痩せ
このまま3秒キープします。
これを最初のうちは、きついなと感じたらやめるようにしましょう。
慣れてきたら3セット~5セットほどを毎日続けると、徐々に変化が訪れます。

スポンサーリンク

なぜ二の腕は痩せにくい?

筋力低下が原因の一つです。
二の腕の前面(力こぶができる側)は、物を持ち上げる時など日常的によく使っています。
ですが後ろ(ぷよぷよする側)はモノを押し出すときに使う筋肉のため、日常生活での使用頻度が低いんです。
あまり使われない筋肉なので、筋力が低下しやすいです。

そのため、脂肪がつきやすくなってしまい、ぷよぷよした状態になるのです。

普段使われない筋肉のため、鍛えられず脂肪が溜まり、たるむ原因になっていきます。
言い換えると、二の腕は筋肉を増やすことで引き締めることができます。

スポンサーリンク

体重は減らすことができても二の腕は努力しないと細くはならない部分

二の腕が気になる方は、自分で意識して、この外側の筋肉を鍛えるようにしないと、痩せにくい部分です。
痩せにくい二の腕
ダイエットとして、体重は減らすことができても、二の腕はきちんと適度に筋肉をつけておかないと、すぐにたるみが生じてくる部分です。
二の腕でも、力こぶができる側を鍛えるのではなく、普段あまり使われない筋肉を鍛えるので、筋肉質にはならずにすみます。

年齢とともにたるみはどんどんひどくなってしまって気がつけば、夏でも長袖以外は絶対に着たくない!
なんていうことになってしまいます。
いくつになっても女性ですからオシャレは楽しみたいですよね。

そうならないためにも、ほんの数秒あればできる簡単なエクササイズなので、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。