モデルダイエットで簡単に!即効で!ママダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年2月11日
最終更新日:2017年8月19日
スポンサーリンク

座ったままダイエットをする時短ダイエット法が短期ダイエット!

今の時代、どこに行っても椅子に座ることが多くなりました。
子供と外食は座敷になりますが、最近は掘りごたつ式の座敷もあって正座をしなくなりましたね。
食事の時も椅子に座り、子供と一緒にお絵かきや折り紙など遊ぶ時も椅子・おやつの時も椅子・・・・というように私たちの一日のうち椅子に座っている時間って多いはずです。
そんな椅子に座っている時間を産後ダイエットに使ってみませんか?

立っていることは足が疲れてきたりで苦痛が伴いますが、座ったままなら楽ちんですよね。
ママは楽に痩せる時間を♡
座っている時間がキレイを作る時間に変わることで、意識もぐっと違ってきますよ。

椅子に座っている時に一番大事なことは?

足を組まないことです。
足を組むことで骨盤や体の歪みが起きます。
骨盤が歪むことで、支えられていた内臓までもが正しい位置から歪んでしまうことに。

内臓の位置が動くことで、働き自体が悪くなります。
そうすると代謝が悪くなっていき体に溜まった脂肪も燃えにくくなってしまいます。

また、足を組んだ状態の姿勢が楽な姿勢となり、ますます歪みが生じていきます。
悪のスパイラルですよね。

足を組むことに慣れてしまっている方は、少しずつ意識して直すように心がけることで全然違ってきますよ。
なかなかクセは抜けないものですから一気に直そうとするのではなく、少しづつ。

椅子の背もたれはなかったことに!?

椅子って背もたれがあって、もたれたくなります。
背もたれを使うと、どうしても浅く座りがちになります。
これをすると、骨盤が開いていきます。
お尻が大きくなる原因になりますので、背もたれはなかったことにして、深く座っていい姿勢を保つようにしましょう。

スポンサーリンク

痩せていく座り方があった!?

座ったままで痩せやすい体作りをするためには、どんな座り方が良いのでしょうか。
まず、腰を伸ばしお腹も引っ込めるようにしてみましょう。
すると猫背ではなくなります。
この姿勢こそが骨盤に負担のかからない座る姿勢です。
骨盤が歪むことがないので、内臓もしっかりと働き代謝も上がります。
また、リンパの流れも良くなるので、むくみ取りにも効果があります。

スポンサーリンク

これがモデルの応用編!!〇〇も一緒に細くできる!

モデル時代では、移動時間に使っていた座ったままで行える足痩せエクササイズがあります。
まずフェイスタオルをご用意ください。
適当な大きさに折り、足の太ももに挟み、足はなるべく閉じます。
そして閉じた足をタオルをグーッと押すように内側へ力を入れます。
グーと押さえることを5秒間、そして戻す。ことを5セットほどします。
最初は3セットくらいから始めて徐々に慣らしてみましょう。
これを行うと、普段はなかなか使わない太ももの内側の筋肉を引き締めることに効果がありますので、足痩せに繋がります。
良い姿勢を保ちながら、この足痩せエクササイズを行うと、お腹にも自然と力が入るのでお腹痩せにも実は効果が出ます。
座ったままできる運動なので、ぜひ空き時間などに試してみてくださいね。

でも特に小さいお子さんがいらっしゃるママたちは、日中ゆっくり座ることも難しい時ってありますね。
そんな時の足痩せには、履いたままで寝ると、足痩せができる靴下を履いていると時短ができるのでお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県あま市生まれで現在は名古屋市在住。 元モデル。 15歳~結婚するまでの9年間、モデルとして活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 食べて痩せるダイエットで体質改善するも、2人出産後は産後太りに悩む。 母乳育児でも影響のない産後ママダイエットで減量成功。 DV&モラハラ夫と調停離婚。 心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感する。 現在は10歳と4歳の男児のシングルママ。