子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2018年3月12日

スポンサーリンク

ダイエットをしても、ふくらはぎが痩せない!?

ふくらはぎが太い
ふくらはぎのほとんどは筋肉でできている為、食事制限によるダイエット方法ではあまり効果が出にくい傾向があります。
ふくらはぎは、一日の中でも最もサイズ変動が激しい部分です。

ダイエットのために運動を始めたら、ふくらはぎに筋肉がついてしまい、余計に太くなってしまった・・・なんてことのないように、ふくらはぎダイエットのために、痩せるコツを知る必要があるのです。

スポンサーリンク

痩せるつもりが、なぜふくらはぎが太くなるの?ふくらはぎが太くなる3つの原因

むくみ

ふくらはぎが痩せる方法として、むくみを取り除くことがあります。
人間の体は半分以上が水分でできていますが、それが重力によって、だんだん下がってくるのです。
朝から晩まで同じ体勢で仕事をすることが多い人は、重力の影響によつて体がむくみやすいと言われています。
やはり重力によって足に水分が溜まってしまって、むくんでしまうことが多くなります。

ふくらはぎのむくみチェックは、ふくらはぎを指で30秒つまみます。
指を離しても、指の跡が残るならむくんでいる証拠です。

脂肪が多く筋肉が少ない

ふくらはぎは筋肉がつきやすい部分ですが、脂肪の方が筋肉より多いと引き締まり感がないため、太く見えてしまいます。
脂肪の多さをチェックするには、座った状態でふくらはぎを掴み、そのまま立ちます。
手の中に残っている部分が脂肪です。

筋肉多く筋肉太り

ふくらはぎを触ると固くて、以前は激しい運動をしていた人に多いです。
筋肉と脂肪がサンドウィッチ状態で重なって、脂肪が凝り固まった状態です。

スポンサーリンク

ふくらはぎを細くするためには

足痩せ体験効果
むくみのない、引き締まったふくらはぎになるためには、ふくらはぎの血流を促進するためには、マッサージです。
ふくらはぎのむくみを取り除くには、マッサージ用のオイルやクリームを使って、丁寧にもみほぐすことによって、むくみがなくなります。

ふくらはぎの筋肉は第二の心臓と言われるほど、重要な部分です。
ふくらはぎの状態が悪いと、健康状態にも影響を及ぼしますので、細いふくらはぎになるためだけでなく、体の健康にも気遣いしっかりとケアをしていきましょう。

これをしてもふくらはぎが太いとは言わせない!3つのふくらはぎエクササイズ

ながら運動足痩せ法
マッサージだけでは、痩せている効果があまり実感できない時には、エクササイズも併用します。
ふくらはぎが痩せる効果の期待できるエクササイズには、複数の方法があるので、いくつか紹介しましょう。

超簡単!寝ながらできるふくらはぎ痩せ方法

一番簡単なむくみ解消法は、天井を向いた姿勢で寝て、足をゆっくりと持ち上げて心臓より高くすると、むくみが引いていきます。
応用編では、足をしっかり高く上げた状態で1分間ほどキープした後、ゆっくり足を下げるという運動を繰り返す方法もおすすめです。
足全体を上げたり下げたりすることで、足全体のプロポーションが整う作用があるというエクササイズです。
ふくらはぎが痩せるように、むくみの対策をしたいと思っている人は、マッサージと併用して、ふくらはぎのエクササイズをするといいでしょう。

ふとももにも効果的なふくらはぎ痩せエクササイズ

次に、ご紹介するふくらはぎエクササイズは、足を揃えて立つところから始めます。
手は腰の後ろに添えた姿勢で、片方の足をお尻に近づくようにしてゆっくりと上げます。
足を下ろす時はゆっくりとおろし、床につくぎりぎり直前でストップをかけます。
この運動を5回行いましょう。

もしも、片足で立っているとバランスをくずしそうだという人は、片足立ちの時は体がぐらつかないように壁などで身を支えます。
ふくらはぎだけでなく、ふとももにも効果があるエクササイズなので、足全体が痩せる効果が見込めます。

ゆっくりがポイント!負荷をかけてふくらはぎを細く!

肩幅より広く足を開いて直立し、手を前方へと真っ直ぐに伸ばします。
そして、今度はゆっくりと両膝をまげて腰を落としていきます。
腰を落とした状態のまま、かかとを少しあげて、つま先立ちの状態でキープします。
始めは5回くらいから、だんだんと運動が楽に感じられるようになってくれば10回くらい行ってみましょう。
素早い動作にすると体への負荷が軽くなってしまうので、ゆっくり行ってください。

最初のうちは、きついエクササイズだと感じるかもしれませんが、ふくらはぎ痩せ効果は期待できますので、ぜひともやってみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚をし、26歳で長男出産。 32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後太りに悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 産前の体型を取り戻す。 現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。