モデルダイエットで簡単に産後ダイエットを成功させましょう!
公開日:2017年5月29日
臨月

臨月

臨月のむくみで悩むママが多い

妊娠中は、妊娠していない時よりも、むくみやすくお腹が大きくなるとさらに症状が酷くなって辛いものです。
お腹が大きいだけでも辛いのに、むくみで痛みが出てしまったり、夜も眠れなかったりと気分まで優れなくなりますよね。
プレママタウンのアンケートでは、約半数のママが体のむくみで悩んだことがあると答えているそうです。

※ただ、あまりにもむくみが酷い場合は、妊娠高血圧症候群や周産期心筋症の疑いがあるようですので、いつもと少しおかしいなと感じたら、すぐかかりつけの病院へ相談することをおすすめします。

臨月でもできる簡単なストレッチ!!

ヨガストレッチ

ヨガストレッチ

むくみはとても辛い症状です。
お腹の大きい妊婦さんは、激しい運動の行動もできません。
ですから、座ったままやゆっくり動かす運動が最適です。
少しでも軽減されますように。
おすすめな赤ちゃんに影響のないむくみの解消法をご紹介します。

足指ストレッッチ

むくんだ足

むくんだ足

足の指をグーパーと交互に開くストレッチです。
また、足首を上下左右にグルグル回すことで、足の筋肉をほぐすことも、おすすめです。

心臓に血液を戻すためには、足の筋肉のポンプの力が必要です。
妊娠時は大きなお腹で動きもゆっくりになってしまうので、筋力も弱くなっています。
すると、ポンプの力が弱くなり、下半身に血液が溜まりがちになってしまいます。
そのため、足を動かし、筋肉をしっかりと動かすことでポンプの作用を働かせ、血流をスムーズにしてあげると、むくみの改善になります。

足のマッサージ

足裏のマッサージをすると、体の血流が良くなり、むくみを改善することができます。
大きなおなかで足の裏を触ることは苦しいので、無理のない体勢で行いましょう。
椅子に座った姿勢だと比較的、お腹に負担がかからないでしょう。
椅子に座って、膝の上にもう片方の足をのせてマッサージが私は一番楽な体勢でした。

ストレッチだけじゃない!気を付けるといいこと

塩分の摂りすぎに気を付ける

妊娠をしていなくても、塩分を摂りすぎることでむくみやすくなります。
とくに妊娠中は、妊娠高血圧症候群になりやすいことから、病院の栄養指導でも「塩分の摂取は、気を付けましょう」と言われると思います。

ただ、これもダメ!と神経質に管理していると、ストレスが溜まってしまい、また違った意味で胎教によくありませんので、たまにはいっか~くらいの軽い気持ちで構えてください。
妊婦検診の日だけは、気にせず過ごすとか、休日だけは旦那様と一緒に好きなものを食べるなど、ママ自身のライフスタイルに合わせて、気にしない日も作って、あと少ないマタニティライフを楽しんでくださいね。

もし、塩分摂りすぎたな~って時は、野菜や果物を多めに摂りましょう。
そうすると、野菜などに含まれているカリウムが余分な塩分と結びつき、尿として排出してくれます。
ですから、きっちり塩分管理しなくちゃ!!って思わなくても大丈夫です!
きちんと対処法はありますから、カチコチになりすぎず毎日の食事を楽しんでくださいね。

カリウムの多い食材を食べる

などはカリウムを多く含む食材です。
特にバナナは手で皮をむくと食べられるので、気軽で食べやすいですね。

足を高くして寝る

寝るときにクッションやまくらなどで、足を頭よりも少し高くすると、むくみの解消になります。
お腹の大きい時は、仰向けはできませんので、横向きで行うのですが、あまりやりすぎると腰痛になってしまうので、違和感が出てきたら中止しましょう。

体を温める

妊娠中は体も重いため、ササッと済ませられるシャワーにしがちですが、きちんと湯船に浸かることで、体全体が温められて血流が良くなり、むくみが改善されます。
湯船に浸かった状態は水圧がかかるため、足首や足指のストレッチを行うと、より効果的です。
お風呂は、ゆっくり浸かることで、リラックスができます。
ですので、お風呂洗いは旦那様に協力してもらって、一日の疲れを癒しましょう。

足湯

約40度くらいのお湯を入れた洗面器に足を入れて温めます。
温めることで、体内の血流がよくなり、むくみを改善できます。
もし、日中でできる時間がある方は、おすすめです。
気持ちよくてウトウトしてしまいます。

お好きなアロマオイルを数滴たらしても、いい香りに癒されてリラックス効果もあり、おすすめです。

ずっと続くわけじゃないから妊娠を楽しむ

妊娠をすると、つわりや体重管理、むくみ、大きくなるお腹など体の管理に難しい状態になります。
でも、辛いことばかりじゃなく、お腹でモゴモゴと動いてくれたり、妊婦検診ではかわいいお顔が見られたり、赤ちゃん用品を選んでいる時のワクワクした気持ちだったり、楽しいことや幸せな気持ちにもしてくれています。

こんな症状や気持ちが体験できるのはママだけなのです。
ですからママの特権だと思って、妊娠生活を辛いなと思わず、簡単な解消法で気持ちも体もスッキリし、マタニティライフを楽しんでくださいね。

もうすぐ本当の可愛い天使に会えますね♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

この記事の著者

tomomi
tomomi
元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。
記事一覧

著者一覧

tomomi
tomomi

元モデル。 15歳の高校2年生~結婚するまでの9年間、モデルとして主にファッションショーやテレビアシスタントで活動。 多くの芸能人ともテレビ共演歴あり。 モデル時代に数々のダイエット失敗で体も心も壊し、食べて痩せるダイエットで体質改善。 産後の現在もモデル時代からの体重と体型を維持。 モラハラ夫と調停離婚し、心も健康でないとダイエットはうまくいかないことを痛感。 現在は10歳と4歳の男児のシングルマザー。