急に電気代が高くなった!原因とコストカットのコツ

生活

とまでいかなくても、

「あれ先月よりも電気代が上がったなあ・・・」
と思ったことは一度はあるのではないでしょうか?

毎月かかる電気代は年間で考えたら相当なものです。
お金を少しでも貯めたいと考えている方!!
簡単なのは収入をあげるより、コストカットを行うことですよ!

毎月500円でも、年間6,000円、10年で6万円
毎月5,000円なら、年間6万円、10年で60万円
毎月10,000円であれば、年間12万、10年で100万変わってきます。

あい
あい

12万あれば毎年ハワイに行ける!?!?

「電気代ってこんな高かったっけ?」と思い、このページに辿りついたみなさま!
あいちゃんと一緒にきちんと原因を分析し、電気代の見直しを行っていきましょう。

きっと、このページを読み終える頃には、電気代を下げるコツが分かるはずです!!

契約プランは、合っている??

そもそも電気代ってどうやって決まるの?

電気代は家電製品などを使用した消費電力量の合計で決まります。
消費電力量は自宅や店舗に備え付けられている電力メーター(スマートメーター)によってカウントされ、「kWh(キロワットアワー)」で表示されます。
「kWh」は1kW(=1000W)の電気を1時間使い続けた時の消費電力です。

電気代の基本的な計算方法は下記の通りです。

電気代=基本料金+電力量料金(1kWhあたりの単価×電気量)
(※別途再生可能エネルギー発電促進賦課金と燃料費調整費額も加算)

あい
あい

次に、
電気代の比較として使われることの多い
東京電力のプラン(従量電灯Bプラン)で実際に見てみましょう!

基本料金

東京電力HP「従量電灯B 料金プラン」 より

あい
あい

電気代の料金体系を意識したことなかったけど、基本料金がアンペア数によって変わるのね

電気使用量に応じて払う電力量料金

仮に30A(一人暮らしであれば十分なアンペア数)で200kWh使ったとすれば、5,264円(電気代)=842.40円(基本料)+120kWh×19.52円+80kWh×26円(電力量料金)
と計算できます。

*別途、燃料費調整費額などが加算されるため正確な金額ではありません。

最近では基本料金をなくし、消費電力分のみで計算するシンプルなプランも出てきました。
下記以降の電気代の計算は分かりやすいように1kWhあたり27円(税込)で計算していきますね!

(公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価)

あい
あい

こう考えると契約アンペアが合っていないのも一つの原因かもしれないわね・・・

あなたの電気代は下げられる?

実は電気代は「エアコンと他の暖房器具を組み合わせた方が安くなるな・・・!」、「設定温度は意識して低くしなきゃ・・・」などと毎日考えなくても、もっと楽にパッと下げられる方法があります。

みなさまは「電力自由化」「新電力」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

2016年4月に電力の小売自由化が開始され、地域の電力会社の独占市場が崩壊し、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金プランを自由に選択できるようになりました。

つまり、あなたのライフスタイルに合わせて電力会社もお得に選べる時代になったのです!

*パッと図で解説 電力自由化*

2016年以前は各地域に1社の独占市場でした。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁「電力の小売り全面自由化って何?」

現在(2019年)は、だいぶ自分に合うプランを選びやすくなりましたね。

2016年4月に発電部門と小売部門が本格的に自由化されましたが、2020年には唯一自由化されていなかった送配電部門も自由化が行われる予定です。
電力自由化は今後さらに注目され、各社の競争も活発化することと言えます。

参考:経済産業省 資源エネルギー庁「電力供給の仕組み」

あい
あい

色々な選択肢があるのはわかった!
自分に合うプランを選んだ方が得することもわかったよ!
でも結局どれがいいかわからないわ・・・

それぞれのスタイルにオススメの電気会社

楽天でんき

2018年11月~
※2013年6月よりエネルギー事業開始親会社楽天株式会社申し込み者数記載なし電力供給

丸紅新電力と業務提携

※約70%の発電所で再生可能エネルギー発電

楽天カード使用者には最高の電力会社

基本料金無料!月々の電気代の支払いで楽天ポイントが貯められて、かつ楽天ポイントで電気代を支払う事も可能!
親会社の楽天は1997年に創業。創業20年以上の会社がバックアップでついているという点で安心できます。
楽天経済圏をフル活用している人は、電気も楽天でんきに変えることで価格も下げられ、ポイントの相乗効果も見込めるので切り替えない手はないでしょう。

実際にシミュレーションをしてみると…
なんと年間5,000円以上も節約できるという結果になりました!

※シミュレーションは[1人暮らし]30A 月平均3,000円電気代がかかると想定して行いました。

デメリットとしてあげられるのは20A以下の契約はできないということでしょうか。
アンペア数をおさえて電気代を安くしている方は乗り換えをすると割高になってしまう可能性があります。

楽天でんきは他社よりも詳細なシミュレーション結果を出してくれます。まずは一度シミュレーションを行ってみて、今だけのキャンペーンもチェックしてみてください!!

東京ガス

2016年4月~親会社東京ガス株式会社申し込み者数180万件以上電力供給自社ガス、火力発電所など期間限定キャンペーン申し込み

新電力会社内でのシェアトップ!ガスとセットでさらにお得に!

新電力会社では最多の180万件以上の契約数、申込数では200万件を越しています。

知名度からも、契約件数の多さからも安心して使えることは間違いないでしょう。

東京ガスのWEB会員サービス「myTOKYOGAS」に登録すると、月々の電気料金に応じて「パッチョポイント」という独自のポイントがたまるのも嬉しいところ。
1000円で15ポイントもらえるので還元率は比較的良いと言えます。(他電力会社は200円で1ポイント程度)

実際にシミュレーションをしてみると…
なんと年間5,000円以上も節約できるという結果になりました!

※シミュレーションは[4人家族]30A 月平均10,000円 電気代がかかると想定して行いました。

デメリットとは一人暮らしの方など電力消費量が少ない人には向かないという点です。
実際に30A /月に70kWhと一人暮らし平均より少ない消費電力の設定でシミュレーションをしましたが、250円ほど今までより割高になると出てしまいました。

またガスとのセット割を推していますが、割引は270円程度(*プランによって電気料金×0.5%を割引くものもあり)とそこまで大きくないと言えます。

お得になるか割高になるかまずは一度シミュレーションを行ってみて、
今だけのキャンペーンもチェックしてみてください!!

電気代が2ヶ月15%OFF!今だけお得なキャンペーンはこちらから

あしたでんき

あの、東京電力の子会社が運用!

電力量料金が最安値の25.50円!少しでも値段を下げたい人にオススメ

2017年創業と新しい会社であるものの、東京電力の子会社という点で安心できるでしょう。

料金体系は2つ。電気をあまり使わない人向けの基本料金なし、電力量料金25.50円のプランと電力消費量が多い人(目安700kWh以上)向け、基本料金3,000円で電力量料金21.00円のプランです。

実際にシミュレーションをしてみると…

なんと年間6,000円以上も節約できるという結果になりました!

※シミュレーションは[1人暮らし]30A 月平均3,000円電気代がかかると想定して行いました。

ちなみに、4人家族の場合、30A 月平均10,000円 電気代の場合も、年間7,000円以上節約できる結果が出ました!

デメリットは同じ一人暮らしでも、アンペア数が15Aや20Aで契約している人にとっては、割高になる恐れがあることです。

また他の会社で推されているセット割やポイントは現時点でありません。

お得になるか割高になるか、まずは一度シミュレーションを行ってみて、

勧誘電話なし!シミュレーションはこちらから

あい
あい

さっそくシミュレーションして、よければ乗り換えようかな!来月の電気代の結果が楽しみ!

  

おすすめ記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました