モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2018年3月21日
最終更新日:2019年3月15日

スポンサーリンク

ビオレのメイクシートが肌荒れの原因になる理由

ビオレメイク落としシート
毎日私たちはメイクをします。
夜にはメイクを落としますが、この落とす作業って意外とめんどくさかったりします。
朝のメイクをする時間はたくさんかけますが、メイクを落とすのはササっと済ませたい!そんな願いから生まれたのが、『ビオレのふくだけコットン』です。
名前の通り、コットンでメイクしたお顔を拭くだけでメイクが落とせてしまうという簡単なシートです。
私も、以前は使っていました。
でも、ある日を境に肌荒れが目立つようになり、ニキビができては治り、またニキビができてろ繰り返すようになってしまったのです。

拭くだけでメイクが落とせるのは肌の表面だけ

メイク落としシートで肌荒れ
あまりの肌荒れの酷さに、当時通っていたエステサロンのエステティシャンの方に相談をしました。

生活習慣が変わったか、化粧品を一気に変えたか、顔をくっつけて寝ていないかなど、肌荒れをする前から変わった生活習慣がないかどうかを質問され、一つだけ当てはまることがあったのです。
それが、メイクシートでした。

スポンサーリンク

ビオレメイクシートの肌荒れ原因

手軽さの裏に肌荒れ原因潜む

メイク落としは、本来はメイク用品の油分を浮かせて洗い流します。
メイクシートの場合は、シートを顔に着けて拭きメイクを落とします。
この拭く作業が肌荒れの原因となります。
肌表面のメイクは落とせても、毛穴の中までの汚れは落とせません。
気軽にメイクが落とせて、簡単なイメージが強いメイクシートですが、肌全体に使うのは大変危険です。

肌の摩擦が起きてシワシミ肌に

メイクシートは、メイクをしたお肌に、こすりつけてメイクをふき取ります。
優しく力を入れていれずに拭いたつもりでも、やはり摩擦は起きています。
この摩擦が繊細なお肌にとっては、刺激となり、しわやシミの原因となっていきます。

スポンサーリンク

美肌キープするスキンケアの基本とは

エステティシャンの方が、
「メイクシートは実際に汚れが落ちません。実際にメイクシートの後に、クレンジングでもう一度洗うとファンデーションの色のついたクレンジングになります」
と教えてくれました。

それ以来、面倒でもきちんとクレンジングを使うようにしてからは、肌荒れに悩むこともなくなり、今ではポイントメイクを落とす時に使いますが、やはり最後はクレンジングを使ってメイクの汚れを落とすようにしています。

メイク落としにも時間を使うと美肌になる

ついつい忙しい時は、チャチャっとメイクを落としたくなりますが、メイクをした時間くらい丁寧にメイクを落とすとお肌には負担もかからずに毛穴まで汚れが落ちて美肌を保つことができます。

手は最高の美顔器

正しいクレンジング法
メイク落としシートのコマーシャルを見ると、片手間にメイクが落とせて簡単で時短になる好印象を持ちますが、お肌にとっては悪影響を及ぼす可能性もあるので、ポイントメイクだけやシートで落とした後にはクレンジングをするなどと、またワンランクのケアをプラスすることで、メイクの洗い落としがなくなり肌荒れ防止になります。

スキンケアの基本で美肌になろう

時短のためと思っていたケアが、実は肌荒れの原因となっていて、悩みが出てしまうのは悲しいことです。
少し手間だなと感じても、手を使ってきちんと一日の汚れを落としてあげましょう。
手は最高の美顔器なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。