モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2019年1月16日

スポンサーリンク

美肌作りで肌年齢を若返らそう

美肌作り習慣
冬になると気温だけでなく湿度も低下し、肌が乾燥しやすくなります。
油脂の分泌量が多い夏はそれほど肌も乾燥しないのですが、冬になると肌に蓄えられていた水分が逃げていきやすいのです。

人間の皮膚は、水分が失われるとシワが深くなり、目に見えて年を取ってみえるようになります。
肌年齢を若返らせて、いつまでも若々しい女性でい続けましょう。

美肌の秘訣は肌の保湿

肌の水分が若い頃に比べて失われ、肌の調子が悪くなっていると感じている人は、少なくありません。

特に肌トラブルが気になるのは、空気が乾燥する冬が多く、この乾燥を放置しておくとシワの原因になります。
女性は特に鏡を見る機会が多くメイクをする際、スキンケアをする際など自分の顔を鏡に映した時、お肌のコンディションがイマイチだと、気分も憂うつになってしまいます。

みなさん乾燥している冬は乾燥対策を意識しますが、春先や冬の初めなど気温が急激に変わっている季節や、花粉がよく飛散している時も肌は乾燥しやすいです。
1年のうち多くの季節が乾燥しやすくなっています。
一年を通して美肌作りにはお肌を乾燥させないことがとても大切です。

スポンサーリンク

美肌を作るには毎日の習慣が大切


毎日スキンケアでお肌を整えると思いますが、肌を乾燥させないためには、肌の保水を第一に考えて商品を選びましょう。
季節ごとに商品を変えることがお肌には理想です。

ですが一度化粧品を購入するとすぐにはなくなりません。
吟味して自分にとって最高の商品を選んで毎日スキンケアしているわけですから、大切に毎日使い続けたいですよね。
毎日のスキンケアをもっと充実させるためには、自分の手を使ってたっぷりと保湿ケアをします。

モデル美容法で美肌を作る秘訣

私たちママは、あまりお金をかけずにスキンケアをしたいです。
私はドラッグストアで売られている1本1000円以内の化粧水をいつも使います。
安いほうが思う存分たっぷり使えますので、お肌の乾燥対策に抜群です。

手を使って美肌作り

①手に化粧水をとります。
②そのまま肌につけるのではなく、手のひらに化粧水を伸ばして手を合わせ化粧水を手の温度で、温めます。
③人肌に温めた化粧水を肌に浸透させていきます。
この時、決してゴシゴシ力を入れて肌に入れないことです。
肌に手をのせるイメージで、化粧水を浸透させていきます。
④浸透させる時は、肌に手をのせて、しばらくそのままをキープ。
5秒間ほどキープしてから、また違う箇所のお手入れをします。

この動作を最低3回。
乾燥が酷いなと感じた日は5~6回繰り返し、肌の深部にまで潤いを与えていきます。

スポンサーリンク

美肌作りには外から与えるだけでなく肌を育てることも大事

美肌を作るために欠かせないのが潤い肌です。
お肌の潤いを保つためには、外からのスキンケアも毎日大切なことなのですが、外から与えるだけでは実は何も改善されていません。
お肌の内側からお肌を育てることで、潤いは保たれ美肌作りに役立ちます。

美肌作りに大切なヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、耳にされたことがあるかと思います。
お肌の潤いにも大切なヒアルロン酸は私たちの体内にも存在しています。

ですが40歳を境にどんどん減っていくのです。
そのためお肌の乾燥に悩むことが多くなり、シワも深くなっていきます。
美肌を保つためには、内側からヒアルロン酸が減っていくのをストップさせてお肌を育てることも重要なスキンケアの一部なのです。

肌の水分量を増やすために

モデルの美容方法
ヒアルロン酸を減らさないために、体内でヒアルロン酸を増やすことから美肌作りを始めていきましょう。
まずは食事です。

美肌作りは食事から

美肌に欠かせないのが、たんぱく質です。
ビタミンが有名な成分ですが、私たちの体の皮膚はたんぱく質から作られていますので、お顔の皮膚も同じです。
たんぱく質をきちんと摂取し、美肌作りをしましょう。

魚がおススメです。
魚には良質な油も含まれていますので、脂肪になりにくく皮膚を作ることができます。

油は選ぶ

油は美肌のためには潤いを保つために必要です。
ですがどんな油でも大丈夫ではなく、時間のたった揚げ物の油は酸化しているため肌荒れの原因になります。
またポテトチップスのようなお菓子の油も同じです。

健康やダイエットのためにも意識をすると食べても良い油を選択しやすいですね。

日焼けはNG

紫外線はシミの素と言われるように、紫外線=日焼けはお肌にとって避けたいです。
きちんと冬でも雨の日でも日焼け止めを顔や首に塗って日中は過ごしましょう。

内側からスキンケア

体内のヒアルロン酸を減らさないためには、減少に負けない肌を育てます。
内側から潤う肌を育てるために、ヒアルロン酸のサプリメントもおススメです。
私も愛用していますが、メイクをした際のシワに入り込むファンデーションが減りました。



ヒアロモイスチャー240

まだ間に合う!美肌作り習慣

お肌にはターンオーバーがありますので、即改善!という劇的な変化は望めませんが、きちんと毎日継続することで、お肌はきちんと応えてくれます。
美肌作りには、毎日の継続が大切で内側から潤うお肌は、年齢を感じさせない若々しさが手に入ります。



 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。