モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年2月8日
最終更新日:2019年2月23日

スポンサーリンク

産後体重を減らすためには心も大事


妊娠期間 約10か月を終えて、やっと身軽となった自分の体ですが、いざ体重計に乗ってみたら全然減っていない体重にビックリしたことありませんか?
産前に戻りたいと思っていても、なかなか減らすことって難しいです。
特に産後は育児でダイエットに集中できにくかったりと、自分自身に時間を充てることが難しいです。

ですが、ほんの少しの心の持ち方次第で、ダイエットがスムーズにいくのです。
産後の体重を減らすためには、心の持ち方も大事です。

産後の体重を減らすためには

妊娠中は自然と増えていく体重。
約10か月かけて増えていった体重なので、急に減らそうとするよりも、ある程度期間を決めてゆっくりと体重を落としていった方が抜け毛の悩みや妊娠線防止になります。

約3か月から半年を目標に産前の体型に戻せると理想的なのです。
そして一番重要なことは、人と比べないことと焦らないこと。
産後の経過は本当に人さまざまです。

産後の体重を減らすことも減るペースも人それぞれなので、自分らしくダイエット生活を楽しもう!と明るい気持ちで行いましょう。
継続こそが成功のカギです。

スポンサーリンク

産後体重を減らすのに効果的な産後生活

赤ちゃんのお世話で大変な時期ですので、無理のない範囲で行ってください。
夜でも数時間ごとに起きたり、慣れない育児で疲れが溜まりがちだったりと、気持ちも体力も大変な時期かと思います。
少しでも毎日を楽しく過ごせられるように意識するとダイエットにも効果的です。

日光浴ダイエット

家に引きこもっていると一日が長く感じます。
ですから産後1か月検診を過ぎたあたりから赤ちゃんの機嫌の良い時間帯にお散歩をしましょう。

外気を体に当てるだけで、気分も変わりますし、だんだんスッキリしてきます。
太陽の力を借りて気分を変えます。
ゆっくりでも歩くことで消費カロリーが増えてダイエット効果が高まりますし、ママ自身の気分も変わりますよね。

ストレス発散ダイエット

子育て中は、なかなかゆっくり電話もできないし、まだ赤ちゃんを連れてランチやお茶にでかけるのはハードルが高すぎますよね。
子育て中は社会から孤立しているような感覚になりがちです。
お家に赤ちゃんと2人っきりでいると、孤独を感じやすいです。

ですから便利なスマホを使ってストレス発散しましょう。
文字に表すことで、LINEしているうちに気持ちも晴れていきます。

そんな気の許せる友人やご家族の方は、必ず「大丈夫?」「なんとかなるよ」など、応援してくれるメッセージをくれます。
それが自信になって返ってくるし、私なら大丈夫なんだって思えてきます。

スポンサーリンク

痩せるおまじない

ダイエット成功法
言霊は大事なことで、悩んでいる時ほど、活用します。
私なら痩せる!!大丈夫!!
って口に出していうことで自信になるし、誤差はありますが必ず叶います。
自信がない時ほど、見えない力に助けてもらうと気持ちが楽になります。

産後体重を減らすために必要なこと

子供にも落ち込んでいる時や自信を無くしてしまっている時にママならかけてあげますよね。

「あなたなら大丈夫」
「あなたならできる、信じてる」

この言葉って聞いていて心地いいし、本当にできるって思わせてくれるパワーがあります。
言葉のパワーってすごい。
この心地よいと思える感情が、実はとっても大切でいい運気の引き寄せなのです。
ぜひ心地よい言葉を選んで、いい運気を目いっぱい引き寄せ、ダイエット成功しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。