モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2018年12月19日

スポンサーリンク

モデルの毎日の食生活内容とは?

モデル食事方法
モデルは体型維持をすることも仕事の一つです。
モデルの食生活は、体に必要な栄養をまんべんなく摂取する方法です。

同じ食事でもどんなメニューを食べて、どんな生活を送ると太りにくい体になれるのかをご紹介します。

モデルのダイエット食事

モデルでも時に食べ過ぎてしまったりして体重が多少増えてしまうこともあります。
ですが、こまめに体重計に乗ったり、体のバランスをチェックし短期間で、戻せるようにしています。

短期間に痩せる方法でも、モデル食事の基本は、無理に摂取カロリーを減らすような、体に負担のかかるようなことはしません。
ダイエットの結果を急ぐばかりに、極端な食事制限をする人がいるようですが、一時的に体重が減ったとしても、多くの弊害があるので、おすすめできません。

極端な制限ダイエットから起こる体の不調

ダイエットで肌荒れ
肌トラブルの原因になったり、リバウンドによって結果的に太ってしまったりと、モデルとしての活動に支障が生じることがありますので、極端なダイエットは行われません。
特定の食品だけを食べ続けるような、体に負担のかかる無理なダイエットを行わないことです。

スポンサーリンク

モデルが心がけるダイエット食事内容

モデルダイエット食事
全体のカロリー量を考えながら、たんぱく質や炭水化物、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂っていきます。
食事のポイントは、血糖値が急に上がりすぎないように、パンやご飯を食べる時は、食事の一番最後。
一番理想的なのは、未精製の玄米、全粒粉、ライ麦のパンが太りにくいです。

肉類に関しては、様々な考え方があるため、積極的に食べる人もいれば全く食べない人もいますが、最低限のたんぱく質は摂取するようにします。
肉類を全く食べない場合には、大豆製品などでたんぱく質を補うことが重要です。
積極的に肉を摂取するという人の場合は、ビタミンやミネラルを野菜類から補充するようにします。

モデルの食事量

モデルの食事量は決して少ないわけではなく、食べる時間帯や食事の内容に気を配り、質の高さにこだわって、ダイエットに生かしているのです。
極端な食事制限をしてスリムな体型を維持しているモデルが多いという印象を持つ人もいますが、実際、モデルはたくさん食べています。

モデルの仕事は、体が資本の体力仕事です。
そのため、きちんと食事をしてエネルギーを補充しておくことは、とても重要なことなのです。

スポンサーリンク

モデル食事は毎日同じものは食べないダイエット方法

モデルのダイエット生活
たくさんの体型維持方法がありますが、制限ばかりのダイエットよりも、食べながら体型維持を誰もがしたいと思うものです。

私の場合は、毎日同じ炭水化物を食べない体型維持法をしています。
例えば腹持ちが良いとされる白米。
適量を食べる事は腹持ちが良いですしエネルギーにも早くなります。
ですが食べすぎは太りますよね。

一日3食、白米を食べた日は、後の2日間は白米を食べずうどんにしたりパンにします。
同じ炭水化物を摂らないように心がけています。

モデル体型は適度な筋肉強化も必要

運動によって、適度な筋肉量を維持して、バランスの良いプロポーションを保ちましょう。
あまりハードな運動をすると、ガチガチの筋肉がついてしまうため、ヨガやピラティス、ストレッチなどのインナーマッスルを鍛えてダイエットする方法が理想的です。

大切だとはわかっていても特別に時間を作る運動は、なかなか難しい時もありますよね。
毎日のことなので続けることが大切になります。
ですから子育て中のママなら掃除機ではなくて雑巾がけにして全身運動する・洗濯物を干すときや歯磨き中につま先立ちをする・買い物を歩いて行けるところにする・ベッドに入る前に軽くストレッチをする・・・など自分の無理のない生活範囲でできる筋肉を刺激できる運動方法を毎日取り組みましょう。

少しの動きでも筋肉が刺激され代謝が上がりやすくなる

女性らしい体つきでありつつ、筋肉を増強させて代謝を増やしたいという時は、インナーマッスルの運動が向いています。
体内に蓄積されている内臓脂肪や、皮下脂肪を燃焼させるために、インナーマッスルを使った運動をすることで、体にいいダイエットに取り組むといいでしょう。

毎日少しづつ筋肉を刺激し、体内の筋肉の量が多くなれば、それだけ基礎代謝がアップしますし、体力もつきます。
運動が苦手な場合は、無理のない範囲で行い、徐々に負荷をかけていくと長続きして、ダイエット効果を得られるようになるでしょう。

ダイエットはストレスフリーで行いましょう

35歳からのモデルダイエット方法
制限をかければ体重は減りますが、リバウンドもしやすいです。
そして体重が戻ってしまうたびに気持ちも凹みます。
これってストレスですよね。

ダイエットはストレスを感じなくてもできますし、ダイエット中も楽しんで食事を摂ることができます。
ただほんの少しだけ意識をして量や栄養バランスを考えることで、痩せやすい食生活に変わります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。