モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2017年9月7日
最終更新日:2019年1月23日

スポンサーリンク

モデル体型維持をするためのモデルの過酷なダイエット食生活とは

モデルの過酷な食生活
スマートな体型維持を管理しなければならないモデルという仕事。
現在、ルイヴィトンなどファッションブランドのショーモデルに、細すぎるモデルは採用しないように規制ができたものの、体型維持はモデルの仕事の一つです。

私が体型を調整するときに行っていたモデル食生活をご紹介します。

スポンサーリンク

モデルの食生活は過酷?全然食べてないの?

モデルのスマートな体型をみると、全然食べないんじゃない?と思われるかと思います。
ですが、モデルは体力仕事のためバランスよく何でも食べます。

朝早かったり、衣装をたくさん持って撮影現場に行って長時間仕事になるので、体力が必要です。
食事は体を作り免疫力を高めるため、風邪予防にもなりますよね。

ですが何でもたくさん食べていたら体型維持は難しいし、太ってしまいます。
モデル食事のポイントは、体に脂肪を溜めにくくする太りにくい食事法です。

これで太らない!ポイントを抑えれば簡単モデルダイエット方法

太りやすい食事は禁止
太るということは、体に脂肪が溜まっているからなので、普段から脂肪を溜めにくくする食事方法をします。
一番簡単な食事方法は、食べ順です。

スープやお味噌汁などの汁物を最初に口にします。
その後、繊維質が多いものを食べます。
サラダや煮物などの野菜類ですね。

その後にお肉やお魚などのたんぱく質を食べて最後にご飯類にします。
最初に汁物を入れることで、適度に満腹感を得るので、食べ過ぎ予防にもなります。

またたんぱく質のおかずを食べる前に、繊維質の多いサラダなどを食べるとたんぱく質に含まれる油分を繊維質が絡めとり体外へ出しやすくしてくれるので、忙しい時でも必ず繊維質から食べるように意識しましょう。

スポンサーリンク

太ってしまった!時の即効戻しダイエット食事内容

毎日気を付けていても太ってしまった・・・はよくありますよね。
でも、毎日のように体重計や体型をチェックしていれば、変化にすぐ気づけます。

1~2㎏太ってしまったのは、すぐ戻せるので、焦らず即効で体型を戻しましょう。

私は、体型戻しで食べるのは、たくさん噛む食材です。
おすすめは、生のキュウリとニンジンです。
キュウリやニンジンをスティック状にして、酵素が豊富に含まれている味噌をつけて食べていました。

酵素は、体の中で代謝を活発にさせる働きをもつので、自然と痩せやすい体を作ってくれます。
ですから、酵素を意識して食べるようします。

また、小腹が空いたときには、ナッツ類やドライフルーツを摂ります。
適度な甘みがあるので、リラックス効果も期待できます。

3日間で痩せ効果抜群!緊急ダイエットのモデル食生活

水着のショーや下着の通販雑誌の撮影など肌の露出が大きい仕事の3日前くらいからは、さらに即効緊急ダイエットをします。
そんなお助け食材は、ヨーグルトと青汁ときなこです。
ヨーグルトは無糖でプレーンタイプのものを用意します。
だいたい200gほどを一回に食べます。
ヨーグルトの上に青汁ときなこを適量かけて、食べます。
これを3日間の夜ごはんにします。

それ以外の朝やお昼は、カロリーなどを気にますが、通常通り食べます。

モデルの過酷なダイエット運動法

モデル体型
モデルとして求められる体型は、細くても適度に女性らしい丸みのあるボディラインです。
また、痩せるためには、代謝が必要なのは、ご存知だと思いますが、代謝を上げるためには適度な筋肉が必要です。

食事だけでは、適度な筋肉はつきませんので、運動もします。

ママになったらできないモデルの運動習慣

プールダイエット
モデル時代には、プールに週2~3回通い、水の中で歩いたり泳いだりして浮力を利用しながらの運動をしました。
だいたい90分ほどは、体を動かしていました。

公園などのウォーキングもダイエットに優れた有酸素運動ですが、天候に左右されやすいことと、筋肉への負担が大きいため水の浮力を利用した方がしなやかな筋肉をつけることができます。

家の中では、スクワットを寝る前に50回行います。

体を冷やさないダイエットで毎日痩せ習慣

ダイエットには常温の水
水分補給は大切なことです。
不足すると、便秘や肌荒れなどの症状が出てきますので、美容にも気を遣うモデル時代には、水分もたくさん摂りました。

ですが、冷たいものは絶対に禁止です。
体を冷やしせっかくの代謝が落ちるからです。
水は常温でこまめに2L~3Lを毎日続けます。
水分ならお茶でもいいの?と思われますが、不純物の入っていないがやはり理想的です。

過酷なモデルのダイエット方法

TVや雑誌を見ると、美しく、華やかな芸能人やモデルの女性。
しかし、もともとはかなり太っていた人もいたりと、今私たちが見ているあの美しい姿は、私たちの見えないところで行っていた血のにじむような努力の結晶です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。