モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2017年2月20日
最終更新日:2018年3月28日

スポンサーリンク

便秘解消にも美容のためにも水は大切。ダイエットに効果的な水の適温とは?

私たちは生活している中で、水分補給をします。
散歩からの帰宅後、食事中、入浴後など人は水分補給しています。
よく体が冷えるから『常温』が良いとされていますが、季節や体調、体質、タイミングなどで水分の温度や量は変わってきます。

必ずしも常温が良いのではなく、体のことを考えながら一番良い適温を摂取することで、効果的に水分補給することができ、便秘もダイエットも解消されていきます。

痩せるために必要な1日の水分量の正確な数字

私たちの体の60~70%は水分でできており、 老廃物の排出を促したり、体温調整や新陳代謝を良くしたりと、体にとって大切な役割をしています。

簡単に体の中の水分量が足りているか調べる方法

老廃物の排出として、排尿があります。
尿は、一番身近で簡単に体に含まれる水分状態を知らせてくれます。

もちろん、体調や服薬時などで変わることがあるので、あくまでも目安としてなのですが、
1.殆ど透明 → 水分を摂りすぎている
2.うすい黄色で透き通る色 → 健康でばっちり足りている
3.濃い黄色、または茶色に近い色 → 水分不足
ぜひ、簡単にチェックができるので、気にしてみてくださいね。

モデルのダイエット生活の水分補給タイミング

デトックスダイエットには水
喉が渇いていても、1回に多くの水をがぶ飲みはしません。
なぜなら、胃腸に負担がかかるからです。

特に朝起きた時には、体も寝ている状態なので、一気に水分補給をすると体も胃腸もビックリしてしまいます。
ですので、コップ1杯分の水をゆっくりと、こまめに飲むよう心がけます。

スポンサーリンク

飲むタイミングでダイエット効果も変化する!?

ダイエットで効果的な飲むタイミングは「食前」です。
脳の摂食中枢が刺激されることで満腹だと感じます。

空腹時に、水を飲むことで脳が刺激され満腹だと勘違いを起こします。
でも水だけに頼るのではなく、コップ1杯だけにしてバランスよく栄養を摂取しましょう。
食べ過ぎ予防として水を頼ります。

モデル食生活の水の温度調整のポイント!

夏の暑いと感じ汗ばんでいる時、子供と公園で遊んだりお散歩帰りの時は、体の中も熱くなっています。

体温が上昇し汗をかいて冷まそうとしている時なので、体の水分が不足している状態です。
「冷たい水」を飲み熱くなった体を冷やします。

素早く水分を吸収し体内も冷やすため冷たい水を選びます。

クーラーのきいた冷えた部屋にいるとき、体を動かしていないとき、冬の寒いときに「冷たい水」を飲むと、ますます体が冷えて代謝が悪くなってしまいます。

こんなときは「常温の水」もしくは「温かい水」を選びます。

寝る前は「温かい水」を飲むことで、リラックス効果があり深い睡眠につくことができます。
良質の睡眠をとることで、寝ている間もダイエット効果のあるホルモンを出すため、リラックスして眠りに入ることが大切なのです。

寝ている間もダイエット効果を発揮させるため、温かい水を選びます。

スポンサーリンク

便秘改善は体と同じ水分を摂ることが一番の解消法

人はほとんどが水分でできているので、水分を摂取することが解決法です。

寝起きに水を飲むと、胃腸が働いて便が出やすくなります。
冷たい水は、寝起きの体を一気に冷やすことになるので、「温かい水」白湯をゆっくりと体に入れていきます。
ウォーターサーバーだと冷たい水も、温かい水もサッと飲みたいときに飲めるので、おすすめです。
今は、卓上タイプの小さいタイプも選ぶことができ、場所をとらずに置けるものがあるので便利です。

モデル食生活の水の応用編

冷たい水を飲むと、体は飲む前の体温と同じ温度まで高めるためにエネルギーを使います。
冷たい水はより多くのエネルギーを必要とするため、カロリー消費は増えます
入浴前に冷たい水を飲みカロリー消費を狙います。

水は私たちが生きていくうえで、なくてはならないものです。
いつも通り何気なく飲む前に、一度体の状態を把握して、汗かいてないかな、寒く感じてないかななど体の様子を感じながら水分補給をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。