モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2017年10月28日
最終更新日:2018年4月8日

スポンサーリンク

カボチャでダイエット!ダイエットに効果的なカボチャを活用

カボチャのダイエット効果
カボチャは野菜の中でも、甘みが強く、イモ類と同じ程度の糖質を含みます。
ですから、ダイエット中は避けたい野菜に入りそうですが、実際はダイエットにも適した野菜なのです。

ダイエットに嬉しいカボチャの栄養素

カボチャの代表的栄養素といえば、Bカロテンです。
βカロテンはビタミンAとして作用するほか、活性酸素の活動を抑え、細胞の老化などを防ぐ抗酸化作用を持っています。
また、体内の免疫力を高める働きもあります。

このBカロテンは、緑黄色野菜に多く含まれる成分ですが、かぼちゃには100グラムあたり約4,000マイクログラムのβカロテンが含まれています。

むくみがスッキリ

カリウムもカボチャに多く含まれる成分です。
カリウムは、体内にたまったナトリウムの排泄を促すため、むくみ改善に役立ちます。
また、血圧を抑える作用を持っています。

体を温める温活で代謝が上がる

かぼちゃには体を温める効果があるので、冷え性の方には効果抜群の野菜です。
カボチャのダイエットレシピ
温かいカボチャスープにして飲めば、さらに保温効果はパワーアップし、病後の体力回復にも効果があります。

また、冬至にカボチャを食べるとよいといわれるのは、体を温めることで風邪予防ができるという意味から、昔から冬至にはカボチャを食べられてきました。

スポンサーリンク

カボチャの煮物アレンジでダイエット効果抜群のカボチャダイエットレシピ

カボチャの煮物
カボチャ料理で思い浮かぶのは、カボチャの煮物でしょうか。
我が家も冬になると作りますが、次の日にも残ってしまうんです。
そして子供は食べない・・・。

ですから、あるものをプラスしてアレンジします。

子供にも好評なカボチャの煮物アレンジ料理

前日のカボチャの煮物に、片栗粉をプラスして『カボチャもち』を作ります。

  1. カボチャの煮物から、カボチャだけを取り出しボウルに入れてマッシュします。
  2. まぼちゃの中に、片栗粉と牛乳を入れて混ぜ合わせます。この時、パサつきがある場合は、牛乳を足して調節してください。ひとまとめになれば水分は足りています。
  3. 一口サイズに丸めて、油を熱したフライパンで両面を焼きます。
  4. 焼き色がついたら出来上がりです。
  5. 煮物の煮汁に、片栗粉小さじ1程度を水で溶いたものを入れて、電子レンジで温めます。(500Wで1分)一度に温めすぎると、ダマになるので、1分を2回くらいに分けて様子を見ながら温めます。
  6. あんかけっぽく、トロッとしたら焼いたカボチャにかけて完成です。

カボチャ餅の片栗粉レシピ
たれの味が薄い場合には、しょうゆと砂糖で味の調整をしてください。
みたらし団子のような味付けになって、片栗粉のモチモチとした食感が、子供には好評でおやつにもおすすめです。
今回は、あずきも残っていたので、2種類の味を作りました。

カボチャの栄養をアップさせるためには油を使うと効果的

カボチャに含まれるビタミンAとビタミンEは脂溶性なので、油と一緒に調理すると体内での吸収率が良くなります。
カボチャは、非常に栄養価が高く、ダイエット中にもぜひとりたい栄養素がいっぱいの野菜です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。