子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2016年12月28日
最終更新日:2018年3月27日

スポンサーリンク

痩せ体質を作るには朝が重要なダイエット時間

朝を気持ちよく過ごすことで、痩せ体質を作ることができ、ダイエットに絶大な効果をもたらせます。

モデルが一日の中で重点を置くのは朝です。

朝の生活の仕方で痩せ体質が誰でも作れることができます。

朝ごはんで代謝を上げる方法

ダイエット中は摂取カロリーを減らすために朝ごはんも少なめにしたり、時間がなくてほとんど食べないという方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

でも、朝は一日の活力となりますし、しっかりと食べないと逆に太りやすくなってしまいます。

朝ごはんをしっかりと食べることで、代謝が上がり脂肪燃焼に役立てることができます。

また、一日の始まりなので、日中動きますので、カロリーは気にしない気にしない♡

朝ごはんをほとんど食べない状態でお昼までいると、空腹なのでお昼に食べ過ぎてしまったり。

すると血糖値を急激に上げてしまうため空腹になりやすいほか、太りやすい体質を自ら作ってしまいます。

スポンサーリンク

モデルの朝ごはんのポイントは代謝を上げるダイエットご飯

温かいもの

痩せ体質を作るためには、常に体を冷やさないことが重要です。

特に寝起きは体温が下がり気味なので、眠っている体をしっかりと起こすためにも温かい飲み物を。

温かいものを飲むことで体を温め、ゆっくりと代謝を上げていくことができます。

カップスープやお茶でもいいですし、白湯が一番おすすめです。

炭水化物

朝に必ず炭水化物を食べます。

高いダイエット効果を発揮します。

パンやご飯、食べやすいものをチョイスしましょう。

パン派の方は、白いパンではなくライ麦パンなどの精製されていない雑穀パンのほうがおすすめです。

なかなか朝は時間がないという方も、おにぎりを夜に握っておいてレンジで翌朝に温めて食べたり

少しでいいので、朝には炭水化物を食べましょう。

フルーツ

フルーツには多くの水分やビタミン・食物繊維が含まれていて栄養がたくさんです。

低カロリーですし、水分を多く含んでいるので、食べやすいですね。

バナナは腹持ちもいいほか、むくみ予防にもなるので立ち仕事の方にはおすすめです。

ただ、フルーツは体を冷やす効果があるので食べ過ぎにはご注意を。

ホットミルクやスープと一緒に摂ると体が冷えないですね。

モデル食生活は簡単にマネができてダイエットできる

栄養をしっかりと摂ることで代謝を上げてダイエット成功しやすい体を作りましょう。

ママはどうしても子供の準備に追われ、ゆっくりと時間を取って食べることが難しいかもしれませんが、

おにぎりにしたり、いつもより10分早く起きてゆっくりできる時間を作ってみたりと一日の活力となる朝ごはんは

自分にも時間を取ってくださいね。

朝だけ自分時間をほんの数分取ることで、ダイエットも思うがまま♡

痩せ体質になってくれるからダイエットもするするとうまくいく♡

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。