モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年2月13日
最終更新日:2019年2月22日

スポンサーリンク

チョコを食べて痩せるおやつダイエット方法


チョコといえば主な成分はカカオです。
このカカオには、ダイエットに効果的な成分が含まれています。

甘くてカロリーの高めなチョコは太るというイメージが強いですね。
私もチョコは大好きなので、常備しています。
私が失敗したたくさんのダイエットの中でも、チョコダイエットで失敗をしたことがあります。

チョコダイエットで太ったダイエット失敗談

一時期チョコで痩せると聞いた私は、チョコが好きだから「やった~!」という軽い気持ちで行いました。
家に常備してあるチョコでダイエットを開始しました。

その常備してあったチョコは、ミルクチョコ。
そのミルクチョコを食べ続けダイエットした結果、2キロ増えました・・・・。

スポンサーリンク

チョコダイエットの痩せるチョコ種類と食べるタイミング

子育てママの太る原因
チョコなら何でもダイエット効果があるというのではなく、カカオ70%のものをセレクトし食べるタイミングや方法が必要だったのです。
そんなコツさえ掴めばダイエットできてしまうのです。

カカオポリフェノールが痩せホルモンを出す

ポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングができる成分です。
また、血液中のストレスホルモンを減らしてくれる働きがありますので、チョコレートを食べることでホッと一息することができます。

ストレスを和らげてくれるチョコレートは挫折しがちなダイエットを継続する味方となってくれます。
思うようにいかないのが子育て。
ママは毎日のようにイライラが襲ってはきませんか?

怒ってはいけない・・・と思いながら内心イライラなので、ストレスはかかっているのですよね…。
ママこそチョコでリラックスです。

チョコで便秘改善!お腹もスッキリダイエット

チョコレートには食物繊維も豊富に含まれているので、便秘改善効果もあります。
便秘が改善されることでお腹もスッキリです。

ポリフェノールが冷え性改善

ポリフェノールには血流をよくする働きがあり、冷え性の改善で代謝がよくなります
ダイエットを意識している私たちにとって、代謝がよくなることは嬉しい効果です。

スポンサーリンク

チョコの成分カカオは本当は太らない成分

カカオ自体は太る食べ物ではないのです。

カカオに含まれるカカオバターの脂肪分は体の吸収率が低く体脂肪になりにくいのです。
しかもチョコは少量でも満足感を得られるため脂肪分の多いクッキーやケーキなどを食べるよりも太りにくくさせます。

チョコレートはカロリーが高めですが、脂肪が血液中に残るのを防ぐため体脂肪は上がりにくいのです。

チョコでおやつダイエットの痩せ効果

チョコでママダイエット
チョコレートの甘い香りや味は、とっても嬉しい気分で幸せな気持ちにさせてくれます。
チョコには、精神を安定させて気持ちをリラックスさせる効果があるため、毎日忙しくしているママには最適な休息法。

ホッと一息することで、気持ちも体も和みます。
そして、チョコのすごいところは、ストレスによる抵抗力を強めてくれる効果がありますので、子育て中&ダイエット中のイライラを抑えてくれる効果があるのです。

ただ甘いだけじゃない、実はバランスのとれた心の食品だったのです。

ママが実践したいチョコダイエットの痩せる習慣

ぜひ甘いものはダイエット中は食べられないと我慢せず、ダイエット効果を高められるチョコの種類と方法を使って効率よく食べてダイエットをしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。