モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2016年11月25日
最終更新日:2018年10月4日

スポンサーリンク

車社会の現代だから運転中にママダイエット運動する。簡単モデル体型維持法

車の中でダイエット
今は一家に一台、必ず車があるといっていいほど、車社会です。
特に子供がいるご家庭では、便利な移動手段です。
特に子供が小さいと持ち物が多くなりますし、騒いだりしても気にせずにいられたり、雨の日でも濡れずに目的地まで行けます。

幼稚園や習い事の送迎も楽チンです。
そんな便利な車に、あなたは週にどのくらい乗りますか?

運転中をダイエット時間にすると効率的

車に乗っている時間こそ、ダイエット運動時間に変えてシェイプアップしちゃいましょう。
ママは自分用に時間がなかなか作れないからこそ、ながら運動が最適です。

そんな運転中の『ながらダイエット運動方法』をご紹介します。

スポンサーリンク

モデル実践のダイエット運転運動!痩せるための『ながら運動』の方法とは

5
車の運転中に、インナーマッスルを鍛えて、何もしていない状態の時でも基礎代謝量をアップさせ、自然と痩せやすい体作りになることができます。
それには『背もたれを使わない』ことで、痩せ体質に改善ができます。

運転中に筋力強化で代謝アップ

背もたれを使わないことで、もたれ掛かっていた筋肉も何も使っていない楽な姿勢から、背筋を伸ばし自分の力で支えるため腹筋が鍛えられます
少し背もたれを後ろに倒し気味にすると、背筋が伸ばしやすくシェイプアップができます。

運転中ずっとは急にすると疲れてしまいますので、初めは信号待ちの時だけや帰り道だけなど、
あなただけのルールを作って行ってみてください。

運転中のダイエット運動はインナーマッスルが鍛えられ痩せ体質になる

背もたれを使わずに座る方法は、インナーマッスルが鍛えられるので、しなやかなウエスト作りに役立ちます。
インナーマッスルを鍛えることで、筋力を強くし代謝を高める効果があります。

自然とカロリー消費ができる体になるので、ダイエット効果が高くなります。

そしてもう一つ、『ながら運動』をご紹介します。
これは必ず信号待ちの時に行ってください。

運転しながら、ふとももを引き締めるママダイエット運動方法

信号待ちの時にまず両足を揃え、太ももの間に片方の手の握り拳をいれて、その拳を両足の太ももで潰そうとする感じでギューっと足に力を入れ10秒キープします。
太もものシェイプアップを運転の間に。

ママは毎日忙しいですので、ながらエクササイズは時間も特別に取られないですし、嬉しい方法です。
運転中に背筋を伸ばすことで、お腹のシェイプアップもできますが眠気防止にも役立ちます。

スポンサーリンク

運転中に食欲を抑える方法!簡単に痩せるコツは耳ツボ

車は便利ではありますが、自転車や徒歩と違い渋滞がありますよね。
なかなか動かない車中は退屈です。

そんなときに気分転換しながら食欲を抑えてダイエットしましょう。

運転中に食欲を減らす方法

『耳』を触るです。
耳にはたくさんのツボが集中しています。
耳つぼダイエット
よく耳つぼダイエットってありますよね。
これは食欲を抑えるツボを刺激し、食事量を自然と減らすことができるダイエット法です。

両耳を手で引っ張ったり、伸ばしたり回してみたりするだけです。
気分もすっきりしますし、ツボがたくさん集中している耳を刺激したので、食欲を抑えることができます。

耳を触るということは、脳へのリラックス効果もあるんだとか。
渋滞中にイライラしがちな時にも効果がありそうですね。

リラックス効果を高めることでダイエット効果アップ

この耳ツボのマッサージは車だけでなく、お家にいる時のちょっとした空き時間でできますので、
リラックスしたい時が多いママにはおすすめです。

特に休みが多い時や子供が言うこと聞かない時、おもちゃを片づけない、兄弟げんか勃発など・・・
ついつい眉間にシワが寄りそうなことがママは多いです(笑)

だからこそ、ママにおすすめな耳マッサージです。
ストレスを溜めることも体の巡りを悪くしますので、リラックス効果を高めておくことがダイエットへの近道です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。 現在はモデル復帰をしながら、11歳と5歳の男児の子育て中。