モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2018年10月10日

スポンサーリンク

産後から続けてきたモデルダイエット運動方法

誰でもできるふくらはぎダイエット生活
下半身の運動を続けることで、ダイエットの効率アップ効果が期待できます。
下半身を鍛えるダイエットは、体質改善にも繋がるので、食べながらダイエットにおススメな運動法です。

今まで色々なやり方を試しており、失敗ばかりという人にやってみてほしいダイエット運動方法です。
ですが、運動といっても激しく体を動かす方法ではなく、筋肉を刺激するようなイメージで、お家の中でもできる簡単な運動法です。

モデルが続けてるダイエット運動で注意すること

まず、大事なことはダイエットをする時、体に負荷がかかりすぎないように気をつけながら運動をすることです。
痩せたいがために一生懸命体を動かして、体を痛めてしまってはダイエット運動も続きません。
ダイエット成功のコツは、毎日少しづつで大丈夫なので、きちんと続けることです。

スポンサーリンク

モデルが体型維持のために続けてるダイエット運動

モデルの痩せるストレッチ
ダイエットに効果的と言われるのは、有酸素運動です。
有酸素運動は少なくても20分以上体を動かさなければ効果がありません。
ママになると、20分って結構長い時間ですし、毎日続けるとなると苦痛になってきます。
私は運動が苦手なので、外に出てジョギングやウォーキングは3日坊主で終わってしまいます。

私が産後から続けている体型維持法は、少しだけでも筋トレのような運動をして筋肉を刺激する方法です。

毎日続けることで、筋肉は強化される!だから痩せ体質になれる

ダイエットでなくしたい脂肪は、体のいろいろな場所に蓄積されます。
この脂肪を落とすには、軽い運動をすることで、なくすことです。

最初は、筋肉に近い位置にある脂肪から使われてなくなっていきます。
そして毎日続けることで、筋肉は強化され代謝が上がりやすくなり、結果痩せやすい体に改善していきます。

スポンサーリンク

なぜ下半身の筋肉を強化すると痩せるの?

モデルの体型維持方法
全身に筋肉はありますが、ほとんどの筋肉が下半身に集まっています。
大きな筋肉が集まっている下半身を積極的に筋肉強化することで、基礎代謝が上がります。

そして下半身についている脂肪も、筋肉をを刺激することで、エネルギーとして消費され足痩せにも効果的です。

モデル体型維持法は「ながら運動」で簡単ストレスフリーダイエット!

人間の体は、脂肪をお腹に蓄積することで、内臓を守るようにできています。
ですから、意識をしないとぽっこりお腹になってしまったり、脂肪がつきやすい部分です。

腹部は、体の他の場所は比較しても痩せづらく、ダイエットをしてもなかなか細くならない場所です。
お腹をスリムにしたいと努力してもダイエット効果が出にくいのは事実ですが、全く効果が出ないかと言ったらそうではありません。
普段からお腹を意識して、「ながらダイエット運動」を実践することで、引き締まったお腹も維持できます。

モデルが実践するお腹痩せダイエット運動方法

骨盤矯正
お腹の近くにある筋肉を使うトレーニングが、お腹回りを引き締めます。
代表的なのは腹筋ですが、毎日続けることは難しいです。
そしてムキムキになってしまうため、女性にはあまりおススメではない運動法だと私は思います。

正しい姿勢をキープすることでダイエット運動

姿勢を正すことは大事で、正しい姿勢を保つことは適度にお腹に力を入れていますし、全身の筋肉も多少ですが使っています。
ですから立っているだけでも筋肉を刺激していることになるのです。

私たちは普段何も意識していないと猫背になりやすいです。
猫背は何も力を入れていない状態の体勢であり、楽な姿勢です。
毎日意識をして姿勢を正すことで、お腹に力が入るので、続けることでぽっこりお腹解消に効果的です。

寝る前に深呼吸でダイエット運動とリラックスを

寝る前に仰向けになります。
この時、お腹のなかにある風船を膨らませるようなイメージで、お腹を膨らませます。
腹式呼吸と言われる呼吸法ですが、この呼吸法を行うと体がポカポカしてくるので、たダイエット効果もありますがリラックス効果もあり、良質な睡眠へと繋げます。

この腹式呼吸を私は寝る前に10回ほど行ってから眠ります。
深呼吸に似た呼吸をすることで、一日の疲れも解消できます。
お腹を意識した体操を毎日こつこつと続けることよって、誰でもダイエットの効果を得ることができるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。 現在はモデル復帰をしながら、11歳と5歳の男児の子育て中。