モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2018年5月1日
最終更新日:2018年5月2日

スポンサーリンク

モデルダイエットで短期間で痩せる秘訣とは

モデルダイエット
運動不足を解消することと、体にいい適量の食事をすることは、ダイエットの短期成功に関わっています。

食事の分量をコントロールして摂取するカロリー量を減らし、運動をすることで使うカロリーの量を増やしましょう。
効果的なダイエットをしたい場合は、使うカロリー量と、補充するカロリー量とで、前者を多くすることです。

モデルのダイエット運動

まとまった時間の運動をした場合でも、食事で得られるカロリーの一部しか燃焼されません。
体を動かしてカロリーを使うだけでは間に合わないために、食事量を少なくすることで、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを取ります。

人の体は、基礎代謝で使うカロリーよりも、食事で補給するカロリー量が少ないと、生命維持のため代謝を低くします。
代謝の低い体とは、体内に取り入れたカロリーの燃焼効率がよくない体ということなので、ダイエットにとってはまるきり逆効果です。

スポンサーリンク

モデルが行うダイエット方法のポイント

有酸素運動で痩せる時間
基礎代謝で消費するカロリー以下の食事にならないように、食事制限をもうける時は限度を考えることが大事になります。
摂取カロリーを減らす時は基礎代謝量を下限にすること、そこから先は運動量を増やして使うカロリーを多くすることがダイエットのコツです。

ダイエット運動といえば有酸素運動

有酸素運動をすることで、体の中に溜め込まれている脂肪をエネルギーに変えて燃焼させるサイクルが促進されます。
運動負荷がそれほど強くなく、長い時間続けられるような有酸素運動が、結果的に消費カロリー量を増やすことが可能です。
基礎代謝と釣り合う分の食事を摂取しつつ、運動をプラスして脂肪燃焼を促進することが、短期ダイエットのポイントです。

スポンサーリンク

モデルがダイエットのために運動をするおススメの場所

ダイエットのために体を動かし、消費カロリーを多くすることは重要なことです。
ですが、忙しくて時間がなかったり、子育て中ママは、一人の時間が作りにくかったりします。
そんな中、ダイエット運動のためにおススメな場所がお風呂です。

よりダイエット運動効果を高めるために

お風呂ダイエットで痩せ体質に
お風呂というと、温かいお湯で体を洗ったりするので、普段過ごしているお部屋よりも温度が上昇しています。
この温度を利用し、体を動かすことで、短時間でも代謝を高めることができ、ダイエット効果を高めることができるのです。

骨盤強化でモデル体型になれる

通常、有酸素運動は開始後20分以上たたないと体に存在している脂肪が燃焼されないといわれます。
ママになってから思うことは、20分間体を動かすことの難しさ、また体の辛さがあります。

お風呂の中で、3分間 腰回し運動をすることで骨盤強化をし、痩せやすい体作りに効果的です。

ママにおススメな腰回し運動のやり方

私の場合は、毎日お風呂の中で実践していますが、毎日は難しいママの場合は、週に3回や一日おきに行うといった自分ルールを作り、続けることが大切です。

腰を右周りで10回・左に10回回します。
これを3分間行います。

続けていくことで1週間後には、自分のウエストラインがスッキリしていることに嬉しさを覚えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。