子育てママがダイエット成功!育児中に簡単にダイエットをしたいママ必見です。ママが子育て優先で生活しながらダイエットできる!テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介!育児中のママがストレスフリーで10㎏痩せた!産後に痩せたいと思うママにとって、代謝を上げて体の中を痩せやすい環境にする体作りが大切です。産後太り解消の時期に遅すぎる事はありません。産後、ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時です!産後太りした分の体重を減らし、産前の体型に戻れるように体内から痩せやすい体質に変えていきましょう。
公開日:2017年8月16日
最終更新日:2018年7月16日

スポンサーリンク

プールはカロリー消費量が高くてダイエット向きなスポーツ!ママダイエットにもおすすめ

夏はプールで遊ぼう
このお盆休み中に、私は子供たちとプールに行ってきました。
あいにくのお天気だったので温水の室内プールに行ってきたのですが、子供と一緒に遊びながらも、ダイエット効果が高い水中のダイエット方法についてご紹介します。

プールで簡単ダイエットができるメリット

陸よりも水中で運動する方が消費カロリーは高いので、プールでダイエットができます。
水の中は、体に負担がかかりにくいので、太りにくい体へと変えていくのが比較的簡単です。
また、リバウンドも少なく綺麗に健康的に痩せたいという願いをかなえてくれるのがプールです。

また、夏は暑いので、子供も大好きなプールに一緒に行き、子供と遊びながら、そしてママ用にダイエットにも時間が作れるところが、プールダイエットのメリットです。
子供たちは水が大好きですね。
一緒に遊びながら楽しい思い出も作って、ママもキレイになりましょう。

どのくらいプールに入れば痩せる?

プールを使ってダイエットするには、長く泳げば効果が出るものではありません。
理想的な時間は、30~60分とされています。
ですが、子供を連れていてママだけ泳ぐのはできませんよね。
子供とプールで遊ぶ
子供の安全が一番です。
夏は気持ちの良い水の中でも、時に凶器となりますので、子供には目を離さずにいたいですね。

スポンサーリンク

プールでママダイエットしよう

子供と一緒に水中を歩いたり、軽く浮くだけでも十分にダイエットとしての効果は発揮されます。
子供を浮輪に掴まらせて、水中ウォーキングしましょう。
ポイントは、ちょっと大げさなくらいの動きを大きくすることです。
水の中を歩くときには、大きくウエストをひねりながら歩いたり、手を大きく振ったりすると、余分にカロリー消費ができますし、水中で動くことで、より引き締め効果がアップします。

プールダイエットで効率よくカロリー消費

水中ウォーキングは、陸でのウォーキングよりも多くのカロリーを消費することができます。
30分間、水中ウォーキングをすると、約160キロカロリーも消費することができるのです。
陸でウォーキングをするよりも、約2倍ほどのカロリーを消費できるのです。
水中でのウォーキングは関節に負担がかからずにできるので、歩くとすぐに膝が痛くなってしまう方や、腰が弱い方にもおすすめです。

水圧が強く、きつく感じられる方は、流れるプールを利用すると、体の負担がさらに少なくなってスムーズに動けます。

ですが、水圧がかかっている水の中で、過ごすことは、結構な体力を使います。
辛いな、疲れたなと感じたら無理はせず休憩をとるようにしましょう。
無理はけがや事故の原因にもなります。

スポンサーリンク

プールでママダイエットの効果

代謝アップでダイエットも美容も

プールダイエットは、ダイエットに必要な基礎代謝を高めるのに適しています。

抵抗力がある水中で体を動かすので、ただ単に足を動かすだけでも、十分なエクササイズ効果があるのです。
水中でのエクササイズにより筋肉量を増やすことで、基礎代謝を高める効果が期待できるのです。

基礎代謝をあげると、血液の循環がよくなり、新陳代謝が高まるので、体中の細胞に新鮮な酸素や栄養素が十分に巡り、細胞が活発になります。
お肌にハリが出たり、髪の毛にもツヤやコシが出てきたりします。

むくみ改善や体の不調を解消

さらに血液がスムーズに流れるようになると、老廃物を排出しやすくなるので、体がスッキリします。
肩こりや腰痛、冷え症は血流が悪くなって滞っていることが原因なので、血流がよくなることで体の不調の改善も期待できます。
プールダイエットは、痩せやすくなるだけでなく、体の中から綺麗に、そして健康になれますね。

プールのデメリット

プール
プールダイエットは消費カロリーが多くなるので、その分お腹も空きます。
食べ過ぎには注意しましょう。
たくさん泳いでお腹が空いたからと言って、食事量を増やさないように気を付けることが大切です。

ダイエットに大敵の冷えから体を守ろう

また、長時間プールに入っていると温水でも体が冷えてしまいます。
体を冷えたままにしておくと、皮下脂肪を蓄えやすくなってしまいます。
プールから出たら体をよく拭いて、サウナや温かいシャワーで体を温めるなど、冷えを残さないように、温活を忘れずにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住。 15歳、高校の下校時に道でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にファッションショー・東海テレビ・雑誌・CMで活動。 モデル時代は数々のダイエットを試し、失敗も経験。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、なかなか体型が戻らず、産後ダイエットの方法に悩む。 母乳育児のため、食事制限はせず食べながら代謝を高めることで、痩せやすい体作りをし、産後1年で10㎏の減量に成功。 B85W59H86 体型キープ中。現在は11歳と5歳の男児の子育て奮闘中。