モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年9月17日
最終更新日:2018年4月7日

スポンサーリンク

自転車ダイエットでママの運動不足解消でダイエット!

自転車ダイエット
自転車はダイエットに効果的です。
なぜなら、自転車による運動は、痩せるために効率よく体の脂肪を燃焼させることができるダイエット方法だからです。
自転車ならば、最初から持っているという人は多いので、ダイエット用具を揃えずとも、ダイエットができます。

自転車ダイエットはエコで家計にも優しいダイエット運動

ダイエットを実践する時には、絶対に成功させるというモチベーションは大切です。
その反面、成功させたいという高い意識から、ダイエット器具を揃えたり、ジムに通ったりすると、とても負担に感じてしまいます。
自転車ダイエットで美脚と美尻に
自転車は便利な乗り物ですよね。
特に子育てママには、車で行く距離じゃないけど、歩くのはちょっと・・・というちょっと近くに行きたい時、幼稚園の送迎など、歩くよりも簡単で便利な移動手段です。

家の子供たちも、車より外の空気を感じられるからか、自転車好きです。
エコな乗り物の自転車、迷わず自転車ダイエットをおすすめします。

スポンサーリンク

自転車は簡単なダイエット運動法

運動を普段しない人でも、自転車をこぐことで、筋肉がついてきて、痩せやすい体になっていきます。
ダイエットを成功させるためには、なによりも続けることが大事です。

日々の生活の中に自転車移動を習慣づけることは、無理のないダイエットに有効です。
ダイエットのためでも、せっせと自転車にのっていれば、体質改善や、体力増強にも役に立ちます。

ポイントは、自転車のペダルをつま先でこぐことです。

ダイエット運動といえば有酸素運動

有酸素運動は、20分以上続けてはじめて脂肪燃焼の効果が得られると言われています。
もしも、ダイエット目的で運動を開始するのであれば、20分以上は続けることができるような運動である必要があります。

有酸素運動の代表的なものは、ウォーキング、ジョギング、水泳などでしょう。
ウォーキングならまだしも、ジョギングや水泳を20分続けるのは辛いという人も少なくないことでしょう。
運動が苦手な人でも、自転車なら簡単にできる方法なので、痩せるのに最も効果的であることは間違いないでしょう。

自転車ダイエットは全身運動

自転車ダイエットは全身運動
自転車では主に下半身の筋肉を使いますが、量的には全身の筋肉の中の約70%を占める筋肉を動かすことになります。
自転車をこぐ運動は、比較的大きな筋肉を使うので、消費エネルギーを増やすことができる為、ダイエット効果が期待できます。

腰かけた姿勢で運動をすることが可能ですので、腰や膝に負担をかけずに、ダイエット運動をすることが可能になりますダイエットのためでも、せっせと自転車にのっていれば、体質改善や、体力増強にも役に立ちます。

スポンサーリンク

自転車ダイエットの嬉しい効果

美脚


自転車をこぐ際、お尻から、ふくらはぎ、足首の筋肉を特によく使います。
自転車に乗って、足回りを中心とした運動をすることで、足首からふくらはぎにかけてバランス良く筋力がアップし、無駄な脂肪を燃焼できるので、美脚になれます。

ヒップアップ

ヒップアップ
足回りだけでなく、自転車を漕ぐ運動には、垂れ下がったお尻にも高い効果を発揮します。
定期的に自転車を漕ぐことで、上向きの小さなヒップを実現できるので、下半身のダイエットにはおすすめの方法です。

自転車ダイエットで簡単ダイエット

自分の運動能力や、体力に合わせ、可能な範囲で移動距離やスピードを調節することができますので、自転車運動は非常に便利です。
ダイエットに自転車を利用する方法は、金銭的な負担も少なく、手軽に始められることから、今後も人気の高い方法であり続けるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。