モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2019年1月11日
最終更新日:2019年1月12日

スポンサーリンク

体脂肪を1か月で効率よく減らしてモデル体型になろう

体脂肪を減らすモデル習慣
ダイエットにおいて体重計の数字を減らすことも大切なことですが、体の中に存在している脂肪、つまり体脂肪を減らすこともとても重要なことです。
なぜなら体重だけを減らして体脂肪が減らない場合は、見た目がぷよぷよとして見えるため体重よりも太って見えてしまうからです。
体脂肪も一緒に減らすことで、見た目も引き締まってスマートなモデル体型になれます。

体脂肪を減らすなら毎日続けられるダイエット方法を選択

ダイエットとは、自分との闘いになることや短期間では成果が出にくいため、続けることが大切になってきます。
そのため苦痛なダイエット方法では続けにくいです。

体脂肪を確実に減らしていけるダイエット方法には、食事のコントロールが大切になってきます。
ダイエットは食事が9割と言われるほど、重要なことです。

では、どのような食事をすれば内臓脂肪を減らすダイエットができるのでしょうか。

スポンサーリンク

毎日の食事で体脂肪を減らせるモデル食事内容

バランスの良い食事で痩せる
まずは、食事制限関係なく、きちんと食事を食べることから始めましょう。
朝昼晩の食事をきちんと食べることが、内臓脂肪を減らすためには重要なことです。

空腹状態か長く続くと、体脂肪を消費しづらい体になるためです。
1日3回の食事をちゃんと摂取することが、内臓脂肪のダイエットのポイントです。

モデル食事で特に気を付けること

ただなんでも好きな物や好きな分だけを食べていれば体重は減っていきませんし、体脂肪も逆に増えてしまうでしょう。
モデル食事方法では、塩分の量を気を付けています。

たくさん塩分を摂取すると、血圧が上がる原因になりますし、むくみの原因になります。

内臓脂肪を減らすダイエットを行うには、できるだけ塩分の多くない食事をとるように意識することが大事です。

毎日食べたいモデル食事

内臓脂肪を減らすダイエット食事では、毎回の食事にきのこや海藻、野菜を食べるようにします。
カロリーが低いうえに栄養もあり、満腹にもなりやすいのでダイエットにはおすすめの食材です。

これらは、食物繊維が豊富な食材なので、体内の余分な脂肪分を一緒に絡めとり体外へ出す効果も高めます。
ああは、お味噌汁にわかめやきのこ類をいれたり、お昼は昆布を千切りにしたものをご飯に混ぜておにぎりにしたり、簡単に毎回の食事に取り入れられるので、ぜひ積極的に摂取しましょう。

スポンサーリンク

体脂肪を減らすためには油は摂らない方が痩せる?

35歳からのモデルダイエット方法
ダイエットで内臓脂肪を減らすことを視野に入れるなら、油分の多いもの、肉類やマヨネーズ、マーガリンは食べない方がいいというイメージがあるかと思います。

結論から言いますと、適量は食べたほうがダイエット効果が高まります。

体脂肪は油で外に出す

私たちが毎日のようにするメイクは、落とすとき何を使って落としていますか?
メイククレンジングですよね?

クレンジングは油分がたくさん含まれていて、ゴシゴシこすらずにお肌に負担をかけることなくメイクを落とせるように作られています。
体脂肪も同じで、適度な油を摂取することで、外に出せます。

ただ、私が気を付けているのはマーガリンを摂らないようにしています。
マーガリンならバターがベストです。
マーガリンは人工的に作られた油脂製品ですので、体に残りやすいです。
油を摂るなら、自然なものを選択しましょう。

おやつでも体脂肪を落とす

モデル体型維持
お砂糖や、クリームを使った甘味などは、内臓脂肪を増やす原因です。
ですが甘いものは疲れた時にホッとしますし、制限をしようとすると無性に食べたくなるものです。

体脂肪を減らすなら時間を意識する

食べる時間を意識しましょう。
15時まで!です。

15時までは、体内の内臓が活発に動きやすい時間帯です。
内臓が活発に動いている時は消化もしやすく脂肪になりにくいですので、時間をうまく利用して甘いものも食べてダイエットしましょう。

袋ごとお菓子を食べると食べた量がわからなくて、つい食べ過ぎになってしまうので、面倒でもきちんと小皿に入れて量を決めて食べるようにしてくださいね。

日々の食事内容や時間をほんの少し意識することで、内臓脂肪の燃焼を促すダイエットが可能になります。

脂肪燃焼効果があるお家でできるダイエット運動法

内臓脂肪を減らしたい人にとって適度な運動も大切なことです。
どのような運動をすれば内臓脂肪を減らすことができるのでしょうか。

寒い季節でも雨でも関係なく、体を動かせるのはお家の中です。

子供と一緒に遊びながらダイエット運動

私は子供と一緒にジャンプして遊びながらダイエット運動をしています。
お家の中でピョンピョン飛び跳ねるだけの単純な動作ですが、縄跳びを跳んでいるように意識をしてジャンプをします。
目安は100回。

意外とジャンプすることは普段の生活の中ではない動作なので、全身の筋肉を刺激しますし、体が温まって良い運動になります。
子供と一緒にできるので、親子の遊びにもなって楽しいですよ。

体脂肪を減らす生活習慣


体脂肪を減らすためのダイエット方法は、無理な食事制限や激しい運動をしなくても、ほんの少しだけ生活習慣を改善するだけでかなり効果が期待できます。

体脂肪を燃やすダイエットをしたい場合には、健康的な生活サイクルを身につけることです。

規則正しい生活も体脂肪を減らすポイント

就寝の約3時間前にはものを食べないことも、体脂肪をつけないためには大事なことになります。

食事後、すぐに眠る生活をおくっていると、使い切れなかったカロリーが眠っているうちに脂肪になります。
質のいい睡眠を確保し、健康的な生活リズムで日々を送ることによって、体脂肪のダイエット効果が得られます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。