モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2019年1月31日

スポンサーリンク

排卵日前後に増え続ける体重…ダイエット中だから太るのをストップしたい!

排卵日に太る
毎月訪れる生理は不快な症状が多く挙げられます。
生理前から、むくみや体重増加、気分の落ち込みなど体と心の不調が出やすい時期でもあります。

特にダイエット中なら体重増加はストップさせたいものですよね。

排卵日前後から太る理由

生理周期によってホルモンバランスが異なるため、ダイエットで重要である基礎代謝が変化することから排卵日前後から太りやすくなります。
排卵期~生理日ごろまでは、生理による出血やエネルギー不足にならないように体は備えようと働きます。
これによって水分や栄養分を溜め込みやすくなり、むくみや体重増加に影響しています。

ただ、この排卵日前後の体重増加はほとんどが水分によるものです。

スポンサーリンク

排卵日前後は痩せやすい時期に変えられる

35歳ダイエット方法
一般的に生理前とされる排卵日から生理日までは、暴飲暴食になりがちだったり、むくみが生じることから『太りやすい』と認識されています。
ですが、じつはほんの少しの心がけで、痩せやすい時期に変わります。

排卵期前後から体温が上がるため代謝も上げやすい

基礎体温をつけていると、生理周期によって体温が変化しています。
排卵日前後からじわじわと体温は上がっていき、生理が始まると、下がってきます。

このリズムを利用するとダイエットもスムーズに進むとされています。
特に太るとイメージがついている生理前からは体温が上がっているため、基礎代謝も上げやすくダイエットも成功しやすい時期でもあるのです。

スポンサーリンク

排卵日からの太り日をダイエット成功に変えよう!

排卵日からを痩せやすいダイエット日に変えるためには、必要な栄養素を摂取する必要があります。
痩せやすい時期だといっても、体は水分や栄養素を溜め込みやすい時期でもありますので、なんでも好きに食べてしまうと、体重増加になります。
気を付けなければならないののは、今体が必要としている栄養素ということです。

むくみ対策ダイエット食事

足のむくみ
排卵日特有のむくみをなるべく解消するために、食事からもむくみ対策をします。
むくみに効果的なのは、カリウムです。

カリウムを多く含む食材は、野菜や果物に多いですが私がおススメなのはバナナです。
私は生理前になると甘いものが食べたくなりますし、お腹も空きやすいです。
ですので、ほんのり甘いのと腹持ちが良いバナナは生理前によく食べるようにしています。

生理前の空腹を我慢していると、ホルモンの関係でやけ食いになってしまうため、こまめに食べるのがおススメです。

痩せ体質に改善できるたんぱく質

ナッツで太らないおやつ
筋肉を作るたんぱく質は、生理前でも食べましょう。
この時期に特に食べるのは、無塩アーモンドです。

アーモンドは固いのでよく噛みます。
満腹中枢を刺激するので、食べ過ぎ対策に役立ちます。
手も汚さずに手軽にポリポリ食べられるので、小腹が空いたときに便利です。
アーモンドにはビタミンEも豊富なので、アンチエイジングにも効果的です。
生理が終わってからのダイエット中が常備しておくと便利ですよ。

あとは女性ホルモンに似ているとされるイソフラボンが豊富に含まれている豆乳を飲むように意識しています。
納豆もヘルシーでイソフラボンが豊富に摂取できるので、おススメです。

排卵日から避けたい太る食事

排卵日からは、意識をして塩分を控えます。
塩分は体の中で水分を溜め込みやすくしてしまうので、なるべく薄味に心がけましょう。

インスタント食品・ファーストフードにも塩分がたくさん含まれているので、控えましょう。

生理が終わった後にスルスル痩せていく体準備は排卵日から!

35歳からのモデルダイエット方法
生理後はむくみも取れますし、不快な症状も軽くなることからアクティブに動きやすいので、痩せやすい時期と言われています。
痩せやすい時期をさらにアップさせるには、排卵日からの準備が必要です。

体の巡りを良くしておく準備

むくみを解消するには、全身の体の巡りを良くすると改善しやすいです。
ストレッチをしたり、軽く散歩したりと体を動かしましょう。

そうすると、筋肉を適度に刺激することから生理後の痩せやすい体作りに役立ちます。

排卵日からの太り日を快適に

排卵日以降の不快な症状は女性である以上仕方のない症状と割り切ることも大切です。
でもわかっているとはいえ体重計に乗ると増えている体重は、やはりショックですよね。

そんな日はあえて体重計は乗らずダイエット・太るということを忘れてしまうことです。
排卵日からの体重増加は体が水分を溜め込みやすくなっているので、増えている分は水分です。
最低限の太りにくい食生活は心がけて、今だから仕方ないと吹っ切ることも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。