モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年2月25日
最終更新日:2018年3月29日

スポンサーリンク

ポカポカ陽気の春は代謝が上がるダイエットに最適な季節

ぽかぽかと柔らかい日差しの春。
桃の花や梅の花もキレイに咲き、桜の花が満開となるとお花見があったりと春は心が明るい気持ちになります。
植物や花が芽吹く春というのは、人間の体も活発に動き始めます。
春はダイエットに肝心な新陳代謝がアップする季節なので、老廃物を排出する動きが活発になりダイエットに最適な季節になるのです。

つまり、チャンスなんです!
春野菜を食べてより代謝をアップさせ薄着になる季節を気分よく過ごすためにも、ダイエット力を高めましょう。

デトックス最強の春野菜の特徴

春野菜の主な効能

・肝臓機能を強くし、体内の解毒作用を高める
・腎臓機能の働きを良くし排泄作用を正常にする
・免疫力を強くして細菌やウイルス感染の予防
・血圧上昇抑制
・老廃物排出を促し、肌トラブル予防
・血行促進作用で冷え性改善
・整腸作用を高めて、デトックス効果
・疲労回復効果

ダイエットにはもちろんですが、健康のためにも春野菜はとっても栄養豊富なのです。
ただ、春野菜にはアクが強いものがあるので生で食べられないものもあります。

スポンサーリンク

おいしく食べてダイエット!春野菜のデトックス効果

キャベツにはビタミンCがたっぷり含まれています。
効能は、美白効果、シミやソバカスの予防、抗酸化作用、コラーゲンの生成。
また、胃を丈夫にし胃腸の働きを助ける成分も含まれています。
大きめの葉2枚食べると、一日分のビタミンCが摂れてしまうほど、たっぷり含まれています。
春キャベツは、葉が柔らかくみずみずしいので、生野菜で食べるのが最適です。

旬は4月と10月の2パターン。
春の新玉ねぎは、辛みが少なく柔らかいのが特徴です。
生で食べることで栄養も効率よく摂取できます。
血液サラサラ効果があります。
また、硫化アリルという成分には新陳代謝を活発にする働きもあります。

新陳代謝を活発にするアスパラギン酸が豊富。
また、マグネシウムやカリウムが含まれており、利尿作用を促し腎臓回復効果もあることから、むくみや肝機能を改善させる効果もあります。

パントテン酸が豊富で、ストレス解消に効果があります。
また、ビタミン類には体の抵抗力を高めたり疲労回復の即効性があります。
この豆苗は一度根元を切っても、水を与えておくと育つため2度食べることができることから家計のエコともいえます。

野菜のなかでも「温性」という体を温める作用のある野菜です。
新陳代謝を活発にさせ、体内の働きを高めてくれます。

スポンサーリンク

代謝が低下していた体を目覚めさせる春野菜でデトックスダイエット

今はスーパーへ行くと一年中手に入ることができる野菜も多いですが、やはり旬のものを旬に食べることで体の中から元気にそして健康にダイエットができます。
冬の間に新陳代謝が落ちている分を、春野菜でデトックスして健康美を手に入れましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。