モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2016年10月18日
最終更新日:2019年2月6日

スポンサーリンク

ダイエットっていつまで続く?終わりがないダイエットはやめよう

永遠の終わらないダイエットは窮屈です。
特に食事制限ダイエットをしていると、やめ時がわからなくなる場合が多いです。

ダイエット維持できるダイエットメンタル

ダイエットをしている上で大事なおまじないがあります。
時に「見えない力」も利用することも効果的です。

心の中で唱えてあげると、本当にそうなっていくのです。
そんなの嘘よね・・・と半信半疑だと思います。

言葉の言霊は実際に効果があるのです。

永遠に続くダイエットをやめるにはメンタルも強化

痩せる
私たちの脳と心はダイエットにおいても重要な働きをしています。
好きなものも我慢して、もっと食べたいのに我慢するなんて辛すぎませんか?

制限のダイエットをしていると、継続中はスリムな体系をキープしていられますが、止めた途端にリバウンドが起こります。
キレイになりたくて始めたダイエットなのに、制限ダイエットをしていて毎日ストレスでイライラ・・・・な生活はおもしろくないですよね。

頭に太らない信号をバンバン送ってあげることで、脳は太っちゃいけない!!と感じてくれるはず。

スポンサーリンク

太らせないホルモンが私たちにはある

チートデイでストレス発散
この脳に送る信号=痩せホルモン
セロトニンと呼ばれるホルモンです。
別名『幸せホルモン』とも呼ばれているそうです。

この幸せホルモンがよく出る状態というのは、ストレスや緊張がなく落ち着いた精神状態の時にたくさん出ます。
食べながら「太るよね・・・」と心で思いながら食事している時って実はストレスがかかっているので、幸せホルモンは出にくいです。

人間の3つの欲の一つ『食』は節制しない!!

好きなものを食べて幸せと感じる。これってすごく幸せなことですよね。
そんな幸せな時間にストレスを感じていたらもったいない。

これは、モデルの友人たちがよくやっている、おまじないです。
願えば勝ち♡

スポンサーリンク

食事だけではダイエット維持できないモデル失敗談

ダイエットストレス
スリムを職業にしているモデルは、もともと何を食べても全く太らない幸運の体質だったわけではありません。
たくさんダイエットも経験するし、失敗もします。

食事だけで痩せようとしても食べればリバウンドをしてしまいます。

そんな経験から生まれた知識や知恵もあります。
こんな贅沢な食生活ができる現代に生まれたのに、自ら制限をするのは、もったいないです。
おいしく食事をして、おいしいダイエットをしましょう。

ダイエット維持のための極意

幸せをたくさん感じてください。
幸せを感じた分だけ、痩せれるホルモンもたくさん出ます。

ダイエットは幸せを感じながらできるものです!!
決して苦痛ではありませんよ。

キレイになる過程も幸せにキレイでいましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。