モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年2月1日
最終更新日:2019年2月19日

スポンサーリンク

2人目の産後太りは解消しにくい?産後太りから脱出しよう


1人目は何もしないでも体重が戻ったから2人目も同じかと思ったら大間違いだった・・・とママたちは言います。
私も同じで15㎏増えた体重はなかなか戻りませんでした。

2人目産後の産後太り

1人目ではすんなりと落ちていった体重も、2人目の産後はどうやっても減らないし体重で、かといって授乳中なので無理なダイエットはできないしで悩みました。

「私って赤ちゃん産んだよね?」って思うほど減りませんでした。
そんな2人目産後の体型戻しで行った産後ダイエット食生活方法をご紹介します。
少しでも参考になれたら幸いです。

スポンサーリンク

授乳中の産後の体型戻し

母乳育児をしていると、無理なダイエットはできませんし、お腹も空きます。
そして赤ちゃんのお世話もあるし、自分の体も疲れが残っている状態なのでダイエットしよう!!と意気込むのではなく普段の生活を見直してみようと考えました。

授乳中だから食べて痩せたい

赤ちゃんにとって母乳は命を繋ぐもので、オメガ脂肪酸という母乳に含まれる成分は赤ちゃんの脳や体の発達にも欠かせない脂肪酸です。
ですから無理なダイエットをして母乳の質を悪くすることよりも、食べて痩せる方法がしたい!なにか方法はないかなと考えていました。

当時はどんな些細なことでも体型戻しに役立つならと毎日できることを少しずつ続けてきたのですが、今思えば産後の体型戻しに効果的だっただろうことをまとめてみました。

スポンサーリンク

モデルの産後太り解消法!生活実践編

ダイエット食事方法

産後のモデル食事

まず、体を作る食事では食事制限はせず、お腹が空いたら何かは食べて空腹のストレスは作らないようにしました。
例えば冷えたご飯は、食物繊維と同じような働きをするように変わりますので、授乳中の不足しがちな水分から便秘になりやすいですが、便秘改善にも役立つほか、冷めたご飯は良く噛みますので、少量でもお腹が満足し腹持ちが良いため、お菓子を食べるよりもカロリーを抑えられます。

そして食べて痩せることに意識していたので酵素を重要視しました。
サラダも生野菜から酵素を摂取、そして酵素ドリンクも併用し酵素を積極的に摂り入れて消化を助け代謝を高めるようにしました。

モデルダイエット生活方法

あくまで子育て中心でダイエットが主ではありませんので、時間の許すとき、体調に合わせて行います。

産後のモデル習慣

産後はゆっくり休む・無理はしないことが一番の休息になりますし、産後の疲れた体の回復にも効果的です。
ですので、無理な運動や今日は体調が悪いなと感じた時はゆっくり休むことを優先させました。

何かをしながらの「ながら運動」は義務と感じずにゲーム感覚で、今日はお腹を力入れて掃除してみようかななど今日のやるべき目標を自分なりに作って家事をこなします。

おススメは、ラジオ体操です。
ゆっくりな動きですが全身をじっくりと伸ばすことができるので、産後の授乳や抱っこと同じような姿勢を続けているママにとっては、体全体がスッキリして頭も軽やかになれますよ。

 

毎日の生活の中で、できそうなものはありましたか?
これが産後モデルが実践し痩せた方法です。
モデルも産後は悩むし、体重が減りません。

産後ダイエットは続けることが産後太りを解消できる

産後ダイエット成功方法
続けることで結果は必ずついてきてくれるので、あきらめずに続けましょう。
諦めたらそこでおしまいなので、継続こそ成功です。

そして習慣にすることで、普段から痩せるための生活が身について太りにくくなっていきます。
だから諦めないで毎日できることを少しずつ続けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。