モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年3月24日
最終更新日:2019年1月28日

スポンサーリンク

2人目の産後太りは1人目よりも産後太り解消しにくい?


一人っ子よりも、兄弟姉妹を作ってあげたいと考えるママも多いです。

そして大変な思いをした陣痛の痛みは産後のホルモンによって徐々に忘れていき、子供の愛おしさのほうが勝っていき、2人目も考えられるように女性のホルモンは作られていると助産師さんからお聞きました。

はじめての妊娠より気持ちの面では、経験している分余裕が出てくる2人目の妊娠かと思います。
でもその反面、上の子のお世話をしながらのマタニティライフは体力的にきつくなりますよね。

2人目妊娠は太る?

日に日に重くなるお腹で腰も辛くなってきますし疲れやすかったり、眠気が襲ってきたりする時でも、少し横になろうかな・・・なんて自分都合では簡単にできない難しい時がありますね。

どうしても2人目妊娠時の方が、育児しながらなので体力的な負担が増えるため疲れやすくお腹も空きやすい状況です。
そして一人目の妊娠、出産で骨盤も開きやすくなっていることから、2人目妊娠出産は太りやすく産後太りも改善しにくい悩みが出てきます。

2人目妊娠中難しかった実際の妊娠中の体重管理

私は、比較的1人目も2人目もつわりが軽い方でしたので大変助かりました。
ですが、それぞれ出る症状が全く違い、体重管理も難しかったです。

同じ妊娠でも、1人目と2人目で出てくる症状や体重変化も違いました。

妊娠中から子供の食べ物の好みは決まる?

2人共、男の子なのですが妊娠中のつわりや食べ物の嗜好など、それぞれ違っていました。
ですので、体重の増え方や減り方も異なります。

私の1人目妊娠時の体重変化

1人目は、常に眠く、妊娠3~5か月くらいは昼間も横になっていることが多く、食べると気持ちが悪くなる一般的なつわりです。
グレープフルーツジュースやゼリー、果物を好み、これらを食べると気持ち悪さが軽減されたように感じていました。

当然、妊娠初期は体重の増えも特に変化なしでした。
つわりが5か月あたりで収まり、食べれるようになっても脂っこいものや味の濃いものが受け付けなかったので、カロリー量はさほど摂っていなかったように感じます。

トータルで10㎏増え出産後は母乳育児していたため、一気に8㎏減り退院しました。
食事制限もすることなく、産後1か月前後で体重は妊娠前の体重に戻っていました。

私の2人目妊娠時の体重変化

2人目は、食べていないと気持ち悪くなる「食べづわり」でした。
今、思い返せば一番なりたくないつわりです。

妊娠中は体重が増えることが当たり前なのに、食べづわりで食べていないと気持ち悪くなるので、余分なカロリー摂取していてみるみる体重は増えていきます。
私の場合は、おにぎりやお味噌汁といった食事っぽいものを食べたくて仕方がなかった時期でした。

2人目妊娠中の体重管理の難しさを痛感

次男の時は常に食べていたので、当然体重管理は難しかったです。
よく母子手帳に増えすぎて赤文字で増えた分の数字を書かれてました・・・・。

看護婦さんは今後のことを心配して注意のために色を変えて記入してくれてると思うのですが、これって、赤文字にされることで特別感が出てしまって、とってもストレスなんですよね。
落ち込みますし・・・。

気を付けていても日に日にお腹の子は成長しているし、体重は増える。
気を付けていてもお腹は空くしご飯が食べたい

そんな妊婦の気持ちでした。

スポンサーリンク

2人目妊娠中の体重増加に役立ったヘルシー食事

食べづわりも落ち着いた5~6か月目。
どんどん増えていった体重なので、いかに急激に体重を増やさないかを毎日注意していました。
その時に役立ったのが、寒天です。
寒天で産前ダイエット!寒天にしか存在しない凄いダイエット成分

寒天は水分を含むので、とっても満腹になりますし、とにかくヘルシーです。
細かく切って白米に混ぜると、カロリーカットできますし便秘対策にも役立ちます。
私は寒天で、2人目妊娠中の体重増加も10㎏で抑えることができました。

スポンサーリンク

妊娠中は1人目でも2人目でも体重管理は大変

命をお腹の中で育むということは、女性ならではの特権であり幸せな日々です。
でも体がしんどかったり体重管理の難しさもあって妊娠時は幸せな気持ちもあるけれど、大変さもつきものですよね。

1人目は初めてのことだらけで不安や心配があり精神的に大変です。
2人目は、経験しているから妊娠時のことは余裕が出てきますが、育児しながらの妊娠は体が思うように動かなかったりして体力的に大変です。

大変なことも多いですが、赤ちゃんがお腹の中で動いたり、検診でエコー写真を見る楽しみな気持ち・・・・そんな経験をさせてもらえている私たちは、とっても幸せだと感じます。

妊娠中ダイエットと普通のダイエットの違い

妊娠中のダイエットは、望ましくありません。
ダイエットをするというよりは、いかに急激に体重を増やさないか注意することです。

ダイエットをしてしまうことによって、体重を増やさないことはできても、お腹の赤ちゃんに適切な栄養が届きません。
あくまで、妊娠中はダイエットを考えず、栄養を赤ちゃんに届けようと頭を切り替える事ではないでしょうか。
出産してある程度時間がたてばダイエットはいくらでもできます。

それまでは、元気で健康な赤ちゃんを育てることに集中できますように。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。