モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2018年8月4日
最終更新日:2018年11月4日

スポンサーリンク

35歳という年齢を境に女性の体は変化をするから太りやすい

35歳からの老けずに痩せるダイエット法
35歳を境に、女性ホルモンの分泌量は変わってきます。
今までは、女性ホルモンであるエストロゲンが体の代謝を促していたため、体型もそこまで気にしなくても維持ができていた女性が多いです。

ですが、35歳以降になると、このエストロゲンが減ってくるため、代謝が下がり今までと同じ生活習慣なのに、太りやすかったり体型の変化が生じてくるのです。

私も悩んだ35歳の体型変化。でもモデル復帰できたモデルダイエット方法

私も35歳は、体型の変化に悩んだ時期でした。
今までと同じ食事量を食べていても、太りやすくお腹周りに肉がつくんです。

体重計で体重管理をして、太ったから少し気を付けようとしても、今までと同じ体型戻しでは修正しにくい。
そんな難しい時期でした。

太りやすいと思い込まず、どんどん痩せやすい環境にシフトチェンジさせることで、痩せやすい体が手に入ります。

スポンサーリンク

35歳の女性に起こっている体の変化を知ると痩せやすい

35歳からは太りやすい
35歳以降は、今までと同じようなダイエット法では、痩せにくいですし、今までとは異なった贅肉の付き方をします。
この原因は、女性ホルモンの減少です。

徐々に減っていく女性ホルモン。
このホルモンバランスの崩れから、骨盤周りの筋肉や背骨周りの筋肉が急に減っていきます。
この周りの筋肉が減るとどうなるかというと、私のようにお腹周りの贅肉に悩むようになったりします。

また筋肉量が減るので、動きの少ないヒップ、背中、下腹、腰回りという部分に脂肪がつきやすくなります。

35歳からダイエットは、20代とは異なったダイエット方法で痩せる

若いころは、少しの食事制限や運動で増えた分の体重は戻せたのですが、35歳以降のダイエットは、うまくいかなくなります。
これには女性ホルモンが関係しているため、女性ホルモンのバランスを考えながらダイエットを行っていくと、スムーズに体型を管理できます。

スポンサーリンク

35歳からの老けないモデルダイエット術は3つのポイントがあった!

ダイエット成功
35歳以降のダイエットでは、老けずに若々しく痩せることが重要です。
そのためには、

この3つがポイントなのです。
順番にご紹介します。

腸内環境を整える

腸の動きはぜん動運動といわれ、便秘予防には大事な動きです。
女性ホルモンが減ってくると、このぜん動運動は弱まってきます。

このぜん動運動が弱まることで、便秘がちになり体内に老廃物が溜まりやすいです。
すると代謝も下がってくるため、腸内環境を整えて腸のぜん動運動を活発にさせておくことが重要です。

このぜん動運動を活発にさせるために、私が毎日行っていることは朝一番に白湯を飲むことです。
体が温まる効果もあるので、ダイエットに効果的です。

肩こりと腰痛の改善

女性ホルモンが減ってくると、筋肉量も減ってきます。
そのため、関節の動きが固くなり脂肪がつきやすくなります。

意識をして肩を回したり、腰を伸ばしたりするだけでも筋肉を刺激していますので、毎日のストレッチとして心がけが大事です。
私は寝る前に軽くストレッチをしてから眠るようにしています。
ぐっすり眠ることもできますし、寝る前ストレッチはおススメです。

お腹周りの筋肉強化

私は、35歳から下腹の脂肪の付き方が気になりました。
お腹は大事な臓器を守っているので、どうしても脂肪がつきやすく、女性ホルモンが減ってくる35歳以降になると、さらに気になってきます。

私が毎日行っていることは、お風呂に入る前に洋服を脱いだ状態で鏡の前に立ちます。
そして鏡を見ながら腰回しの運動をして、きちんと筋肉の動きを見ています。

腰回し運動をやり始めた最初は、動きもぎこちなくて筋肉も落ちているので、ぷよっとした感じでしたが、毎日続けることで、動きもスムーズになり、筋肉もうっすらとついて余分な贅肉がとれてきます。

35歳の女性がするべきストレスフリーダイエット方法

骨盤の歪みで下半身太り
ホルモン、水分量、筋肉量の減少はダイエットで必要な代謝を低下させてしまう原因となります。
35歳からの老けないダイエットをするためには、この大事な代謝を低下させないことです。

これだけはやっちゃダメ!な35歳からのダイエット法

代謝を低下させないためには、女性ホルモンを補うことも大切なことです。
やってはいけないことは無理な食事制限です。

ますますホルモンバランスが崩れ痩せにくい体になります。

35歳からのダイエットは、痩せるために必要なこと・不要なことをしっかりと把握をし、無理なダイエットをしてストレスを溜めないことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。