モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2018年10月15日
最終更新日:2018年10月16日

スポンサーリンク

35歳は太りやすい?35歳からのダイエット方法とは?

35歳からのモデルダイエット方法
私たちが息をしているだけでも消費するカロリーの事を基礎代謝と呼びます。
この基礎代謝がダイエットをする上でも重要なのですが、20代をピークに徐々に基礎代謝は下がっていきます。
ですので、30代になると20代の頃と比べ同じ食事量を摂取していても太りやすかったり、ダイエットをしようと頑張っても痩せにくかったり変化をします。

35歳はなぜ太りやすいと言われるの?

そして35歳とは、出産や結婚など自身のライフスタイルの変化を伴うことが多い年齢なので、35歳は太りやすいと言われてしまいます。
35歳になると急激に太ってしまうのではなく、普段の生活からきちんと痩せやすい習慣を意識していることで、ちゃんと体型維持ができるのです。
モデルダイエット
私は1981年生まれです。
35歳はだいぶ前に過ぎました。
現在の私の体型は、身長167センチ・体重50キロ B85W59H83です。
35歳を過ぎても、痩せやすい生活習慣を身に着けておくことで、太りにくくちゃんとモデル体型維持ができます。

スポンサーリンク

35歳からのモデル体型維持方法は食事時間に注意

20代に食事制限ダイエットを行っても、さほど外見には出ませんが35歳を過ぎてから食事制限をすると、お肌の乾燥やくすみといった外見に出ます。

若さでカバーできていた20代の頃とは違って、外見に即出てしまうのが35歳過ぎからのダイエットです。
ですからきちんと食事から必要である栄養素を摂取し、健康的に痩せる必要があります。

これが痩せやすいモデルの食事の時間帯

食事をする時間が変わるだけでも、ダイエットの効果に差が出ます。
食事の献立や、カロリー量を気にするだけでなく、時間についても心を配ることがダイエットに役立ちます。

モデルのダイエット食事方法

モデルダイエット食事
ダイエットをしている時でも、朝昼晩の1日3回はしっかりと食事を摂取するようします。

ただし、好きなものを食べたい時間に食べていると、どんどん体重は増えていきますので、食べる時間を意識します。
食べるときには、内臓が活発に動く時間ごとに、食事をすることが体型維持のコツです。

朝は、納豆や野菜、果物を積極的に食べることで、活動が増している肝臓の機能を利用します。
肝臓の活動は12時前後がピークになるため、ランチでは糖質も摂取するようにします。

15時前後に膵臓の活動が活発になるので、糖質を含むおやつはこの15時までと決めて食べることが太らせない理想の時間帯です。
そして夜9時を回ると内臓の働きがゆっくりめになりますので、これより後に糖質を摂取すると、消費されずに脂肪になります。
夕方過ぎに腎臓の働きが活発になることから、夜になったら多めに野菜を補給することで、腎臓が働きやすいようにするといいでしょう。

時間帯によって太らせない食事方法がある

それぞれの内臓の働く時間を考えて、食事内容を見直すことによって、効率的にダイエットを行なうことができるようになります。
ダイエットのために食事を見直す場合、栄養の偏りや、カロリー量も必要なことですが、食事の時間にも配慮していきましょう。

一日中体を冷やさないことで代謝が上がる

モデルの食事
これらの時間帯を意識して、体が本当に今 必要な栄養素を摂取することで効率よく栄養を吸収します。
ですので、効率よくダイエットができますし、食べながら痩せることもできるのです。

そして一日中体を冷やさないように注意をすることで、より一層ダイエット効果を高めます。
一番おススメは白湯です。

私は朝起きてスグに白湯を飲んで体の中を温めます。
一日の中で、こまめに白湯を飲み定期的に体の中を温めることで、内臓機能も活発になり代謝も上がります。
結果、ダイエットに繋がります。

スポンサーリンク

モデルの体型維持でおススメな家の中でできるダイエット運動

家の中で全身の筋肉を刺激

ラジオ体操は、全身のダイエットをしたいという人にぴったりの方法です。
家の中でも、外でもできるラジオ体操は、空間がそれほどない場所ででも簡単にできますで、とてもやりやすい運動です。

体全体のバランス感覚や、筋肉を鍛える運動を効率的に行うことができます。
体力や、運動能力に自信がないという人でも、ラジオ体操であれば取り組めるようにできています。
ラジオ体操を行うことで日頃は使っていない筋肉を無理なくトレーニングできるだけでなく、筋肉を伸び縮みさせることで血行を促進させることも期待できます。
ラジオ体操を毎日の習慣にすることで、こごっていた血液の流れがよくなり、代謝の高い体質になって、体脂肪が燃焼しやすくなり、ダイエットがしやすくなります。

家の中でインナーマッスル強化

日常の動作では使わないインナーマッスルの強化をするため、腰回し運動もおススメです。
インナーマッスルを鍛えることで、お腹の引き締め効果や骨盤矯正に効果的なので痩せやすい体に改善できる優れた方法です。

モデルのインナーマッスル強化方法

腰に手をあて、姿勢を正し、足を肩幅ぐらいに開いて立ちます。
その姿勢で腰をゆっくり回します。
回す大きさは、浮き輪の内側程度を思い描くのがポイントです。

まず右へ腰を回し、一回転が終わったら左へと腰を回す動作とすれば、1セットが終わりです。
回数については左右10回回すのが1セットで、これを3~5回行います。

決して無理をする必要はありません。
体に負担の掛からない回数ではじめて、徐々に増やしていってください。

35歳からのダイエットでは痩せ体質改善が重要

モデルのダイエット生活
ゆっくりとした動作を心がけて、何回も腰を動かすというよりも、腰まわりの筋肉を意識しながら体を動かします。
きつい運動ではありませんが、普段意識しないインナーマッスルを鍛えることができ、骨盤が正しい位置に戻るようになります。

人の体は、骨盤の歪みがあると体のバランスが悪くなり、代謝が低くなってしまいやすいと言われています。
腰を右へと回した時と、左へと回した時とで、回しにくい、回しやすいという差がある人は、骨盤のどこかに歪みがある場合が少なくありません。
続けていくうちに歪みが矯正されて、どちらもスムーズに回せるようになります。

体の中を痩せやすい環境に改善することで、食べながらも体型維持ができるようになりますし、健康的な若々しい体型になれます。
決して遅いことはなく、思い立った今からでも実践できる簡単な方法です。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。