モデルの食事・食生活にはどんな秘訣があるの?モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に減量できるダイエット方法についてご紹介します。 育児中のモデルママが産後でもストレスフリーで10㎏痩せることができました。辛い運動や極度の食事制限の必要はありません。テレビを見ながらでも簡単に痩せられるようなダイエット方法をご紹介します。 芸能人のような体型になりたい、痩せたいと思う方必見!毎日の食事・食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にすることができます。 ダイエットを始めるのに遅すぎる事はありません。 ダイエットしようと思った時がダイエットの始め時。 モデルの食事・食生活をマネすることで体重を減らし、よりキレイになることを目標とします。
公開日:2017年9月10日
最終更新日:2018年4月5日

スポンサーリンク

モデルの簡単飲むだけダイエット食生活

簡単飲むだけダイエット
ダイエット方法には、決められた食べ物を食べたり決められた運動をしたりといろいろな方法があります。
何かを飲むタイプのダイエットは、気軽に取り組むことができて、方法がシンプルなので、とても人気があり、モデルも実践する簡単ダイエットです。

簡単ダイエットなら豆乳ダイエットで痩せる

豆乳ダイエット
飲むダイエットとして、とても有効なのが、豆乳によるダイエットです。

スポンサーリンク

飲むだけ簡単豆乳ダイエットのダイエット効果

ママの視点から見れば、お肌がキレイになって、痩せることもできるという豆乳ダイエットは、簡単ですし、まさに理想的なダイエット方法ではないでしょうか。

大豆には女性ホルモンに似た栄養素である大豆イソフラボンが含まれるため、女性にとってはさらに喜ばしいダイエット方法と言えるでしょう。

豆乳ダイエットは食事制限しなくても痩せる

豆乳ダイエットには、食事制限や運動はありません。
モデル簡単ダイエット
体重を減らす時には、食事を控え目にしたり、運動の機会を増やすことは効果がありますが、豆乳ダイエットは、毎日決まった時間になったら豆乳を飲むだけです。

豆乳ダイエットは、気軽にできて、継続しやすいダイエット方法だといえます。

豆乳を飲むのはいつが理想的?

豆乳ダイエットの摂取に適した時間帯とは、いつでしょうか?
豆乳ダイエットは、ただ豆乳を飲むだけというとても手軽なやり方ですが、飲む量や時間帯に決まりはあるでしょうか。

豆乳を飲むことによるダイエットへの効果がでやすいのは生理前1週間から10日と言われています。

豆乳に含まれるダイエット成分

豆乳のダイエット効果が出やすい時間帯

そして、豆乳を飲む時間は、食前または間食にすればダイエットに効果的で、量は200mlくらいが適当です。
豆乳に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするため、摂り過ぎは体によくありません。
豆乳ダイエットは、毎日豆乳を飲み続けることで、脂肪の燃焼を促進していくというコンセプトです。

イソフラボンの平均摂取量の上限値の目安としては、1日あたり70~75mgが目安となっており、無調整豆乳に含まれている量は、おおよそ45mgです。

豆乳ダイエットのポイント

生理前の1週間に豆乳を飲むとダイエット効果がアップするのはなぜなのでしょうか。

体内に不要な老廃物や水分がたまるのは、女性は主に生理の前です。
生理が終わると、それまで体の中に留まっていた老廃物は体から出されます。

豆乳ダイエットの場合は、生理前に豆乳を飲むことにより、効果を発揮します。
生理後はエストロゲンによって余分な脂肪や老廃物の排泄が促されるため、元々あった体脂肪が代謝されることになり結果的にダイエット効果を得ることができるのです。

生理後はエストロゲンというホルモンが優勢になり、そのホルモンによって脂肪が燃焼したり排出されたりしやすくなるからです。
ダイエットを開始する期間は、生理が終わった後にしたほうが、豆乳ダイエット以外の場合でも、効果が得られます。

スポンサーリンク

無調整豆乳と調整豆乳の違い

豆乳には、無調整豆乳と調製豆乳があります。
豆乳ダイエットを行うときに選ぶのは、なるべく無調整豆乳にしましょう。

無調整豆乳は丸大豆をしぼって豆腐をつくる前の状態そのままのもので、調製豆乳は、丸大豆や脱脂加工大豆に調味料や食品添加物を加えたものです。

無調整豆乳と、調製豆乳は、基本的には違う飲み物とされていますので、注意しましょう。
無調整豆乳の大豆固形分は8%以上、調製豆乳は6%とJAS規格で分類されています。カロリーが低く、たんぱく質の摂取量を多くすることが豆乳ダイエットの目的ですので、無調整豆乳が理想的です。

豆乳をたくさん摂取したら、一気に痩せる?

豆乳ダイエットの効果を高めるためとはいっても、過剰摂取は体にいいことはありませんし、効果も変わりません。
大豆加工品は、食事からも摂取する機会がありますので、無調整豆乳の摂取量は200mlくらいを毎日摂取すれば、ダイエットには有効です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。