モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2018年1月17日
最終更新日:2018年4月16日

スポンサーリンク

おかゆで食べながら体重調整

食べ過ぎた時の体重調整
体重は日々食べたもので変動をします。
連日食べ過ぎてしまったり旅行へ行っておいしいものを食べたりしていると、つい体重は2~3㎏増えてしまいます。

食べながら体重調整をする方法

「増えたな~」と感じたら、食事の量を少なくし制限をしたダイエット方法ではなく、食べて体重を減らす方法を選択します。
おかゆならご飯もちゃんと食べられて満足感もありますし、満腹にもなります。
食べ過ぎてしまって体重が増えてしまった時の、おかゆを食べて体重調整をする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

食べて体重を減らす おかゆダイエット

おかゆを夕食時に食べることで、通常の白米よりもご飯の量を少なくしたダイエット方法です。
おかゆは、水分を多く含むので少ないお米の量で満足ができます。

一日3度の食事のうち、いずれか1食をおかゆにする方法ですが、夜は一番カロリーを減らした方が早く体重を減らすことができるので、私は夜におかゆを食べて体重調整をしています。

白米をおかゆにしただけで、おかずは通常通り食べます。
その方が食べたという満足感が出ますし、家族がおいしそうに食べているのを羨ましそうに見ずに済みますから我慢はしないで、おかずは食べるようにします。

おかゆダイエット中のおかず

おかゆダイエット方法
おかゆダイエット中は、カロリーの高い油物は控えるように気を付けます。

代謝を上げる大豆製品がおすすめ

特に大豆製品は代謝を上げてくれるので、お粥ダイエット中はおすすめのおかずです。
厚揚げを甘辛く煮たり、トースターで軽く焼いたり。
高野豆腐も煮汁を多く吸ったおかずですから、満腹感が増してダイエット中はおすすめです。

スポンサーリンク

おかゆって簡単に作れて体重調整もできる

おかゆは、お鍋で煮るだけで完成しますが、自分のためだけに・・・となると少し面倒な気持ちが出てきます。
お米からお鍋で煮ると時間がかかりますし、水分調整もしなくてはいけないので、お鍋から離れることができませんよね。

時短ダイエットご飯

私は、炊いたご飯から、おかゆを作ります。
その方が早く出来上がりますし、元々炊いてありますから軟らかいので、水分だけ多くなれば完成します。
炊飯器でおかゆを作る方法もありますが、炊いたご飯からお鍋でおかゆを作る方が節電になります。

タニタ食堂おすすめタッパーは、おかゆを入れる量によってカロリーの目安がわかるので、体重調整をしたいこの時期には嬉しいタッパーです。
タッパーに入れて冷まし、冷凍保存をするといつでも食べられて便利です。

おかゆダイエットを続ける期間

夕食時におかゆを食べる方法なのですが、増えた体重にも変わってきます。
通常ダイエットでは1か月に約1㎏~2㎏が健康的な減らし方です。

2~3㎏増えてしまった時は、1か月ほど夕食時はおかゆダイエットを続けると、減っていきます。
一気に体重を減らしてしまうと、リバウンドがしやすく、繰り返していると代謝自体が悪くなり痩せにくい体になってしまいます。
ゆっくり焦らずに確実に減らしていきましょう。

目標体重まで減った時、通常の白米に戻す適切な量

おかゆで体重が減った
コツコツと頑張ったおかゆを食べて体重調整をし、目標としていた体重まで減らすことができたら、一旦おかゆダイエットは終わりです。
ただ、一気に白米の量を戻してしまうと、おかゆの量で満足していた体が白米に戻すと水分がおかゆに比べて少ないため食べ過ぎの量になってしまいます。
ご飯茶碗いっぱいによそうのではなく、おかゆダイエットをしていた時の同じ量をゆっくり噛んで食べ体を慣らしていきましょう。

おかゆを食べながら体重調整は簡単なダイエット方法

食べないダイエット方法ではありませんので、満足感もあって満腹感も感じられるダイエット方法です。
ただ、おかゆは水分が多いので白米自体の量は少ないです。
ですから腹持ちが悪いです。
すぐお腹が空いてしまいますので、お腹が空く前に寝てしまうのがベストです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。