モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2018年12月15日
最終更新日:2019年3月10日

スポンサーリンク

ダイエット最強食材といえば こんにゃく!こんにゃくダイエットの驚きの効果

こんにゃくダイエット
こんにゃくは低カロリーな食品であるにも関わらず、少しの量でも満腹感を得られるので、ダイエットに役立つ食品としてよく知られています。
効果の高いダイエットは何かをリサーチした経験がある人なら、ダイエットに役立つ食材としてこんにゃくが挙げられることをよく目にします。

短期間で食べながら痩せたい!という方にとっておきのダイエット方法をご紹介します。

こんにゃくダイエットは食べながら痩せられるダイエット方法

食物繊維をたっぷり含んでいるこんにゃくは、腹だまりがいいので、ダイエット中の空腹もほとんどなく、ストレスを溜めにくいダイエット方法として一役買っています。

100gのこんにゃくに含まれるカロリーは5kcalしかなく、ほとんどが水でできているのがこんにゃくの特徴です。
1カロリー当たり、摂取可能な食物繊維の量を比較した場合、こんにゃくほど効率のいい食材は滅多に見つからないといいます。

食物繊維はお通じを良くし、腸内環境を整えてくれるダイエットの強い味方でもあるので、おすすめの食品です。
こんにゃくを食べると満腹感があり、食事の量が減るので、ダイエット効果が期待できます。

スポンサーリンク

こんにゃくダイエットの成功方法

モデルのダイエット生活
こんにゃくといっても色々な種類のこんにゃくが販売されていますので、どんな風に活用するか考えながら、ダイエットに組み込んでいきましょう。

糸こんにゃくで食べるダイエット!

糸こんにゃくを麺の代わりに使うダイエット食事方法です。
味付け次第で糸こんにゃくが麺に変わります。
ラーメン・パスタ・うどんとして代用することで、大幅にカロリーカットできます。

味付けは濃い目のほうが満足感があるのでおススメです。
鶏がらスープの素を糸こんにゃくに絡めて、ラー油をかければ中華風のピリ辛で食べ応えのある味付けになりますよ。
お好みで味噌味のひき肉をトッピングすればタンタンメン風になります。

また、フライパンにごま油で糸こんにゃくを炒めて塩コショウと鶏がらスープの素で味付けすると塩焼きそば風になります。

板こんにゃくで食べるダイエット!

板こんにゃくは形を様々に好きな形にできるので、アレンジがしやすいです。

一番簡単な方法は、包丁は使わず手でこんにゃくを小さくちぎって、醤油で煮込んで食べる方法です。
かつおぶしをかけたり、七味をかけたりして味を変えると飽きがこないです。

好みの味付けができるのがポイントですね。

特に調理をしなくても、お刺身こんにゃくとしてそのまま食べてもいいでしょう。
こんにゃくの味が単調に感じられるようになったら、みそや醤油などで味をアレンジしてしましょう。

白こんにゃくでおやつ

ダイエット中でもおやつは食べたい!そんな時に、こんにゃくでおやつを作ればとっても低カロリーで罪悪感ナシのおやつになりますよ。

白こんにゃくを一口サイズにちぎり、レンジで温めて水洗いをします。
そして黒蜜ときなこをかけると、わらび餅風のこんにゃくスイーツになります。

こんにゃくチップもカリカリしていて食べ応えもあり、味もおいしくダイエット中のおやつに最適です。

スポンサーリンク

こんにゃくダイエット成功させるためのポイント

モデルダイエット方法
しっかり噛まずに食べると胃によくありませんので、よく噛んで食べましょう。
そうすることで満腹中枢を刺激するので、より満腹感を得られダイエット効果が高くなります。
健康的に痩せるためにも、無理のない範囲でこんにゃくのダイエットをするようにしましょう。

こんにゃくダイエットでリバウンドしない方法とは?

1週間という短期間ダイエットを終えて、即通常の食事に戻すと、一気に摂取カロリーが増加するので、リバウンドしやすいです。
そのために、こんにゃくダイエットをやめても普段の食事のうち一部分をこんにゃくに置換することで、摂取カロリーを徐々に増やしていくことがリバウンドしないポイントです。

こんにゃくダイエットでリバウンドしないダイエット成功法

朝昼晩の食事のうち、どこか1回の主食をこんにゃくにします。
一日3回の食事の1度だけの主食をこんにゃくにするだけなので、続けやすいですし、食べても太りにくい食生活を送れます。

1週間こんにゃくだけを食べていたダイエット中は、摂取カロリーがとっても低いので、一気に短期間で体重を落とすことができますが、こんにゃくダイエットをやめた途端、摂取カロリーを増やしてしまうと、せっかく頑張ってたダイエットが台無しになってしまいますよね。

カロリーを徐々に増やし体をダイエット中止に慣れさせるためにも、この1度の主食をこんにゃくにすることはとても重要です。

料理の苦手な人でも、こんにゃくを利用した食品も多く販売されていますので、賢く使えば簡単にダイエットすることが可能です。

こんにゃくダイエットはいつまで続けると効果的?

一日3回の食事のうち、1回の主食をこんにゃくにすることでリバウンドを防ぐ方法は、長く続ければ効果的になります。
1カ月継続してみてください。

そして3回の食事の主食をご飯などに戻しても、食前にこんにゃくを食べて満腹感を得てから食事をしたりすることで、いつもの食事量を減らすことができます。

こんにゃくダイエットは、多くの人がダイエット効果を感じることが可能な簡単なダイエット方法です。
こんにゃくはヘルシーな低カロリー食品であり、体に負担のかからない健康的なダイエットに適しているおすすめのやせる方法です。

時間がない時には、ドラッグストアなどに売られているダイエット用食品を使うと便利ですね。
たくさんの味付けがあるので、お試しこんにゃくセットがおススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。