モデルの子育てママが毎日の食事・食生活を変えるだけで簡単に体重を減らすことができたダイエット方法をご紹介! 産後でも10㎏痩せられました。 食生活を変え、代謝を上げることで体の中を痩せやすい環境にし、サプリを上手に取り入れながらよりキレイになるのが目標です。
公開日:2017年1月25日
最終更新日:2019年2月21日

スポンサーリンク

鬼は~外!福は~内!!痩せ体質も手に入れる!


つい最近までお正月だったのが、もう2月になりますね。
2月といえば節分ですよね。

子供も大好きな豆まき。
節分豆は大豆を炒ったもので福豆とも呼ばれ縁起の良さそうなお名前です。

節分

そんな節分は、季節を分けるという意味で季節の変わり目には邪気(鬼)が出てくると昔は言われていて、その邪気を追い払うために豆まきをし、1年間の無病息災を願うイベントです。

福豆の痩せる栄養

畑の肉といわれるように、たんぱく質を多く含んでおり、栄養の宝庫です。
カルシウム・ビタミン・イソフラボン・サポニン・鉄・食物繊維が含まれています。

大豆に含まれるサポニンがダイエットに効果的

免疫力を高める成分で知られ、健康維持のためには必要な成分です。
高麗人参にもサポニンが含まれています。
脂質の合成や吸収を抑制し、分解促進作用があり肥満防止にとっても良い成分です。

そして長い間、このサポニンを摂取し続けると腸の中の組織が変化していき、肥満体質を痩せ体質に改善してくれる効果もあるんです。
魔法使いみたいな変化をサポニンはしてくれるんです。
優秀な成分ですよね。

スポンサーリンク

節分豆を食べると脂肪燃焼がずっと続く

節分が終わったら、フードプロセッサーで細かく粉末にして保存します。
それを牛乳やおもちにかけて食べたり、きなこの代わりとして毎日補うことで痩せ体質になっていきます。

スポンサーリンク

大豆ダイエットの効果が凄い!世界も注目している大豆

小さな粒にたくさんの栄養が詰まっている大豆。
現代の食生活では、動物性たんぱく質や脂質の摂取が増え、肥満など成人病も増えてきています。
これを防ぐのには、植物性たんぱく質を多く摂ることが望ましいとされています。

大豆は植物性のたんぱく質です。
脂質も含んでいますが、コレステロールは含んでおらず、昔から日本人は食べてきました。

大豆製品で健康的に痩せる

納豆・お豆腐・味噌・醤油などはすべて大豆からできていて、自然と私たちは大豆食品を口にしています。
和食には絶対に欠かせない大豆食品には、昔から日本人に愛されている理由があったのです。

日本人には、日本人の体に合う食材が一番ダイエットにも健康のためにも一番。
ぜひ毎日の生活に大豆製品を摂り入れて健康的に痩せましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事のキーワード

著者一覧

tomomi
tomomi

愛知県生まれ名古屋市在住の37歳。 15歳、高校生でスカウトされ、モデルとして活動開始。 主にショーで活動する。 23歳で結婚。26歳で長男,32歳で次男を出産。 2人目出産後は、15㎏の産後太りを経験。 モデルの経験を活かし食べながら痩せやすい体作りをし、産後1年で15㎏の減量に成功。 B85W58H85 体型キープ中。 現在はママモデルとして復帰。 小5の11歳と年中5歳の男児の子育て中。